学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

食文化学科の記事一覧

食文化学科


みなさま
こんにちは、関野です。
世界遺産大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)に行きました。
奥駈道は吉野と熊野をむすぶ大峯山を縦走する修験道の修行の道です。

大峯山「山上ヶ丘」は日本最初の山岳信仰の聖地として1300年の歴史を刻み、
今なお多くの修験者が山に入り修行に訪れている場所です(パンフレットより)。
大峯山天川(てんかわ)村洞川(どろかわ)温泉に泊まりました。

1)天川村特産うまいもの
2018.12 洞川温泉①
天川村特産のアマゴの塩焼き定食で、名水豆腐、手作りコンニャクなど。
水がうまいとなんでもうまい!がキャッチフレーズです。

2)前鬼・後鬼
洞川温泉の歴史も古く、
大峯山に参拝する行者をもてなす宿場として始まり、発展しました。
2018.12 洞川温泉②
宿の温泉湯船の横に前鬼(上写真ぜんき)・後鬼(ごき)が置かれていました。
前鬼・後鬼は修験道の開祖役小角(えんのおづの:役行者とも呼ばれる)が
したがえていた夫婦の鬼。

前鬼が夫の赤鬼で鉄斧を持ち役小角の前の道を斧で切り開き進み、
後鬼が妻の青鬼で水瓶を手にして役小角の後ろを歩き、
修行者たちの世話をしました。
後鬼だけこの場所にとどまり修行者たちの世話を後々までしていたそうで、
前鬼はのちに天狗になったとされています。

3)陀羅尼助(だらにすけ)
2018.12 洞川温泉③
修験道の開祖役小角は1300年前7世紀末疫病が大流行したときに、
山中に生えるキハダを煮てそのエキスで多くの人を助けたとされています。
このエキスは胃腸病、外傷など万病に効く薬で
その製法を役小角は後鬼に伝授しました。
これが和薬の元祖と言われる和漢胃腸薬「陀羅尼助」の起源だそうです。

4)ふたご座流星群
12月14日夜中23時半ごろ宿の外に出ました、
外は真っ暗、流星群を見るには最適な環境。
ふたご座流星群は三大流星群(ペルセウス座・ふたご座・しぶんぎ座)の一つで
条件が整うと1時間当たりの流星数が40個を超えるときがあるそうです。
残念ながら寒くて2個しか見ることができませんでしたが楽しい時間でした。

大阪から近い奈良県天川村は温泉よし・水よし・食事よし・もてなしよし。
みなさんも行ってください。

2018/12/26

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


みなさん、こんにちは。
喫茶学演習3,4年生20名で、
大学からスクールバスに乗り一時間半ほどかけて
お茶で有名な和束町に行ってきました。
2018.12 茶畑①
到着すると早速茶畑が見え、
さらに上に登ると山一面に茶畑が広がっていました。
2018.12 茶畑②
まずは係りの山下さんから、
お茶の栽培方法等について、詳しくお話頂きました。
中でも一番驚いたことは、今年の新茶の最高価格です。
なんと、17万/kgだったそうで、想像もつきませんでした。
2018.12 茶畑③
2018.12 茶畑④
和束茶カフェでは、和束町で育てられたお茶を使ったアイス、
ふりかけなどが販売されていました。
2018.12 茶畑⑤
日本茶インストラクターの方から、
美味しいお茶の淹れ方を教えていただきました。
2018.12 茶畑⑥
たった3gの茶葉で、お湯の温度を変えて3回お茶を飲みました。
温度の違いで味も全く違っていて、
みんなは自分の好みの味を見つけられたようです。
2018.12 茶畑⑦
飲み終わったあとは茶葉をいただきました。
ポン酢をかけると、ほのかにお茶の香りがしてさらに美味しかったです。

茶畑の横を歩いたり、煎茶の美味しい入れ方を学んだり、
茶葉を食べたり初めての経験がたくさんでき楽しい研修でした。
ぜひ、みなさんも一度、和束町に行ってください。

2018/12/23

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


こんにちは、関野です。
明治150年めぐりの続編です。
*****

2)明治創業の東京老舗グルメめぐり
①小田原 鈴廣かまぼこ博物館
2018.11明治ブログ⑪⑫
鈴廣は1865(慶応元年)年創業、小田原宿・箱根温泉の客に賞味され
参勤交代の武士などの食膳に上がっていました。
富士、丹沢山系からの伏流水と相模湾の豊かな魚が小田原のかまぼこを有名にしました。
鈴廣の前の道路は箱根駅伝で利用され、毎年選手たちが走っています。

②日本橋 やぶ久
2018.11明治ブログ⑬⑭
やぶ久は1902(明治35)年日本橋で創業したそば屋。
そばつゆは本かつお節を使った濃い目のつゆが伝統の味で関西とは違い濃い色です。
やぶ久は4代百有余年江戸前の伝統を守りながら創意工夫の精神を忘れることなく
そばを皆様に楽しんでいただいています(パンフレットより)。

③日比谷公園 松本楼 
2018.11明治ブログ⑮⑯
1903(明治36)年日本ではじめての洋式公園日比谷公園が誕生しました。
日比谷松本楼は銀座で食堂を経営していた小坂梅吉が東京市から落札しオープンしました。
日本に亡命していた孫文、インド独立活動家ボース、
夏目漱石、高村光太郎、松本清張なども客で彼らの作品に松本楼が登場しています。

④浅草 今半本店
2018.11明治ブログ⑰⑱
1895(明治28)年創業のすき焼き専門店今半は浅草新仲見世通りにあります。
永井荷風も今半を愛ししばしば訪れ作品にも登場しています。
関東は明治期の牛鍋を祖とし、牛脂ではなく油を薄くひき牛肉を焼き割り下を入れます。
私たちのすき焼きは牛脂をひき、肉を焼きながら砂糖、しょうゆをかけ割り下を使いません。
どちらも美味しいすき焼きでした。
2018.11明治ブログ⑲
一時衰退していた浅草がスカイツリー開業以来にぎわいをみせているそうです。

⑤鳥茶屋 
2018.11明治ブログ⑳㉑
大正時代には花街として栄えた神楽坂に鳥茶屋があります。
うどんすきが有名だそうですが平日のランチのみ親子丼(上右写真の左)があり、
2018.11明治ブログ㉒
11枚つづりの回数券があるほど人気です。
第1回全国丼グランプリ親子丼部門で金賞を取りました。

明治維新から150年、各旧邸宅で資料などが公開展示され
観光客の皆さんは興味津々で見ていました。
東京をバスでぐるりと巡る時間の旅で日本史を大いに楽しみました。

2018/12/6

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


みなさま、こんにちは、関野です。
今年は明治維新から150年、各地で催しがいろいろあります。
明治の偉人邸めぐりと明治創業の東京老舗グルメに行きました。

1)偉人邸めぐり
①旧吉田邸
2018.11明治ブログ①②
大磯にある旧吉田邸は戦後1946年内閣総理大臣を務めた吉田茂(1878-1967)の
別荘で晩年はこの地で過ごしました。
彼は1951年のサンフランシスコ講和条約に署名し、
日本の戦後経済復興を推し進めました。

引退後もこの邸宅に政治家が出入りし、
「吉田元老」などと呼ばれ政界への影響力を持ち続けた人物です。
旧邸宅は近代数奇屋建築で吉田五十六が設計。
平成21年本宅が火災で焼失しましたが
その7割が再建され昨年出来上がり公開されています。

②武相荘(ぶあいそう)
2018.11明治ブログ③④
武相荘は昭和の実業家白州次郎の旧宅で昔懐かしい茅葺屋根の家、
ここ町田市が武蔵と相模の境の地と無愛想をかけて名付けた(パンフレットから)。
彼は芦屋の裕福な家の出身でイギリスに長年滞在し英語が流暢。
そこを見込まれ連合国軍占領下の日本で吉田茂の側近として活躍し、
1951年のサンフランシスコ講和会議に随行しました。

③旧岩崎邸
2018.11明治ブログ⑤⑥
1896(明治29)年岩崎彌太郎の長男三菱第3代社長の久彌の本宅。
三井、住友と共に戦前の日本三大財閥の一つ。
三菱財閥の創業者岩崎彌太郎は
土佐の貧しい家に生まれながら、その才覚と努力で三菱を創設。 
三井、住友は300年以上の歴史を持つ御用商人ですが三菱は彌太郎一代で築きました。

小野義眞(日本鉄道副社長)、岩崎彌太郎(三菱社社長)、井上勝(鉄道庁長官)の3人で
岩手県の不毛の原野を数十年の時間を要して農場を作り、
彼らの頭文字を取り1891年小岩井農場ができあがりました。

④渋沢資料館
2018.11明治ブログ⑦⑧
渋沢栄一(1840~1931年)が住んでいた旧渋沢邸に栄一の活動を広く紹介する資料館。
栄一は埼玉県の豪農出身で第一国立銀行など500社ほどの株式会社、銀行の
設立経営に尽力し近代日本の経済社会の基礎を作り「日本資本主義の父」と
呼ばれた明治・大正の実業家。

⑤鳩山邸(鳩山会館)
2018.11明治ブログ⑨⑩
衆議院議長鳩山和夫(1856-1911)は1891(明治24)年にここ文京区音羽に居を構え
長男一郎(1883-1959)により美しい洋館が完成したのが1924年。
一郎は内閣総理大臣を務め、息子威一郎(1918-1993)は外務大臣、
孫由紀夫(1947-)は内閣総理大臣を務め鳩山家四代は日本の近代政治に
偉大な貢献をしてきたと紹介されています。
私たち世代には一番身近な政治家たちです。
*****
つづく

2018/11/29

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


みなさん、こんにちは。
食文化学科食文化学会では、
10月6日に学会主催の第1回講演会を開催いたしました。

今回の講師は、スウェーデンからきた
日本茶インストラクターのブレケル・オスカル先生!
「外国人からみた日本茶の魅力と特徴」というお題で、
軽快なご講演のみならず、デモンストレーションも実演してくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本茶の魅力に魅せられ、来日したオスカル先生。
難関だった日本茶インストラクター取得への苦労話から、
現在の華々しいご活動内容のご紹介に至るまで、
日本茶の魅力を国内外へ懸命に発信しようと
努力されているオスカル先生のお取り組みのお話に、
参加した60名の学生たちは皆、熱心に聞き入っておりました。


「どんなことにも失敗はつきもの。
 でもそれを超えていくことを恐れないでください。」


失敗を恐れず、前へ進むことを何度も伝えてくれたオスカル先生。
大学生のいま、大切にすべき心構えもたくさん学べたように感じます。
ご講演後のデモンストレーションでは、
オスカル先生監修ブランドの日本茶をしっかり堪能させていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本茶文化の貴さをじっくり考えることができた素敵な時間でした。
オスカル先生、本当にありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018/11/9

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


食文化学科1年生は、9月20日に、グランヴィア大阪さんにて、
テーブルマナー講座に参加させていただきました。

最初のうちは、緊張した面持ちの1年生たちではありましたが・・
温かみあふれる講師の松下先生のご講義のおかげで、
リラックスした気持ちで、一つ一つのマナーについて、
しっかり学ぶことが出来ました。

DSC_1237 DSC_1240

素晴らしいお料理の数々にも感動しつつ、
充実した2時間をすごすことができました。
松下先生、料理長の佐々木様、広報担当の上田樣、
本当にありがとうございました。
DSC_1252

2018/11/1

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


みなさま、こんにちは、関野です。
北海道の早い紅葉を楽しみながら
石狩市、千歳市などでサケの遡上を求めて、
さがし回りました。
2018.11 鮭遡上①
石狩市の浜益川では毎年サケの遡上数と魚体調査のデータ収集を目的に
有効利用調査がされています。
河川でのサケの捕獲は禁止されていますが
採捕従事者は調査としてサケを釣ることができます。
もちろん、採捕従事者は料金が必要です。
2018.11 鮭遡上②
上写真はサケマス情報館の中の
水槽、婚姻色をしたサクラマスが泳いでいます。
2018.11 鮭遡上③
情報館の中に流れている千歳川で、係りの方の案内でサケの遡上を見ました。
左下などの黒い影がサケで目が慣れてくると、何匹も泳いでいるのを見ることができます。
テレビのニュースなどで、浅瀬をたくさんのサケが必死に遡上を試みる場面を
見ますが、そんな素敵な風景に出会えるのはナカナカ難しいそうです。
2018.11 鮭遡上④
上写真は千歳水族館の横の千歳川に秋だけ設置しているインディアン水車。
これは日本海さけ・ます増殖協会が管理し
インディアン水車で、ふ化事業に用いるサケを捕獲します。
橋の上から見ていると、遡上したサケが水車に吸い込まれ
捕獲されているのを見ることができます。
日本のサケの人工ふ化と放流は1876年から始まり、
サケの母川回帰性の回帰率は3~5%だそうです。

今年のサケの大きさは3キロ台が平年並みで
4キロ越えが1割と少なく小ぶりだそうです。

昔の人は、サケには寄生虫などがいると生では食べませんでしたが
冷凍技術と超低温での殺菌技術の発達で生を食べることが
できるようになりました。
今、サケの捕獲量の3割は日本で消費され、日本人はサケ大好きで
いつも食卓の上にあります。
また、外国のすし屋で一番使われている寿司ネタはサケで
外国でもサケ好きが増えています。


サケの資源が枯渇しないように漁業関係者の皆さんが努力し、
我々消費者に美味しいサケを届けてくれています、
皆さんありがとうございます。

2018/10/31

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


みなさま、こんにちは、関野です。
10月9日長崎市の「くんち祭り」を見に行きました。

くんち祭りは長崎の氏神「諏訪神社」の秋祭りで
1634年二人の遊女が諏訪神社前で奉納舞を踊ったことが
始まりとされています。

長崎市には59町あり5~7町ごとに7班に分かれ、
その中の1班がその年の当番で踊り町と呼ばれます。
7年に一度踊り町が回ってきて奉納舞として踊りを奉納するそうです。
2018.10 ブログ長崎くんち①
上写真は出島町の奉納舞で阿蘭陀(オランダ)船です、
狭い道路を回るとき合図を取り合い回します、迫力がありました。

ポルトガル、オランダ、中国など交易のあった国々の
異国趣味が踊りに多く取り入れられた長崎ならではの
奉納舞で迫力があり私たち観光客は拍手喝采で大いに盛り上がりました。
2018.10 ブログ長崎くんち②
上写真は、長崎料理を代表する卓袱(しっぽく)料理の中の
姫卓袱料理と呼ばれる料理です。

三段重のお弁当箱に卓袱料理ならではの角煮、エビのすり身などが入り
卓袱料理を手ごろな価格で味わうことができます。
最後に甘く上品なお汁粉がでました。
これは海外から長崎に贅沢な砂糖がたくさん入ってきたことの証を
受け継いでいるのだそうです。
2018.10 ブログ長崎くんち③
卓袱料理とは長崎発祥の中国料理、西欧料理を混ぜた
日本化した宴会料理で大皿に盛られています。

日本古来の膳ではなく赤の毛氈をかけた円卓を囲んで楽しむ和華蘭料理です。
まず、手前にある吸い物、卓袱ではお鰭(ひれ)と呼び
主催者が「お鰭をどうぞ」と挨拶を行い参加者全員がお鰭を空にした後
乾杯をして宴会が始まります。
長崎の友人はこの手順にこだわり順番通りしてくれました。

日本には全国各地に面白いお祭りがたくさんあります、
その土地のお祭りを楽しみながら食文化も楽しみましょう。

2018/10/19

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


台風一過、秋晴れで少し汗ばむほどのお天気でしたが、
皆さんに食文化学科のオープンキャンパスにお越しいただき
ありがとうございます。

食文化学科では、調理実習「本格的でおしゃれなガレット料理にトライ!」と
食ビジネス系ミニ授業「ゼミ体験!食文化学科の学びにふれてみよう!」を
ご用意し、体験していただきました。
2018.10 調理②
まず、調理実習では、南仏風のガレットを生地からつくっていただき
日本ではあまりみないお食事としてのガレット作りを楽しんでいただきました。
2018.10 調理①
実習の合間には、シェフの教員がフランス料理やフランス文化のお話も…
体験した高校生からは、「どうして粉をとくのに、炭酸水をつかうのか?」など
質問があがったりしていました。
2018.10 ミニ授業
ミニ授業では、食ビジネスの専門の教員が、大学3年生以上で学んでいる
「創造ビジネスを学ぶ」ゼミの様子をご紹介し、
高校生の皆さんにも楽しんでいただけるものを体験していただきました。

次回のオープンキャンパスは、11月11日です。
皆様のお越しをお待ちしております。

2018/10/7

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


ユーハイム神戸工場での講義の合間には、
ユーハイムの美味しいお菓子をたくさん試食させていただき、
お腹いっぱいで学びもお腹も大満足でした

2018.9 ユーハイム④ 2018.9 ユーハイム⑤
以下に、参加した学生からの感想を紹介します。

今までに食品工場の中に入る機会がなかったので、
最初はすごく緊張しました。
工場内に入る前に、まず作業着に着替え、45秒粘着ローラ、
エアシャワー、再び粘着ローラ、説明書に従って手洗い、
乾燥、アルコール消毒をしないと工場内に入ることができないことを
初めて知りました。

工場見学では、異物混入をしっかり予防する一人一人の意識が、
安心安全なお菓子を作るのに大切なことだと学びました。
また、本に載っている衛生管理のチェック項目が必ずしも、
その工場にとって最善とは限らず、
実際、現場で見て決めることが大事だと教えて頂きました。


洋菓子の工場見学は今回、初めてでした。
HACCPワークショップの授業の中で取り組んだことが
実際生かされていて、勉強になりました。
また、安全面だけでなく、日々、生産量が変動するので、
下準備など、時間をいかに有効に活用し、作る量のロスをしないかなども
しっかりと考えられているなと思いました。


今回の見学では普段見られない工場の内部を身近に見ることができて
とてもよかったです。CCP(重要管理点)は、その工場やシステムによって
設定を変えていることや、物事を流れ作業で行うのではなく、
一人一人が責任を持って商品を作っていることを知れて
とても納得できました。HACCPを導入することはとても大変だと思いますが、
このような工場を見学できてとても勉強になりました。


私自身が工場見学初めてで楽しかったです。
(中略)大きいミキサーやお菓子によって違うオーブンなど
普段見られないものも見させていただきました。
見学後の講義の時間でも、大学の授業では触れない部分も教えていただき、
とても有意義な時間を過ごせました。


今回ユーハイムさんの工場見学をさせて頂き、
講義では分からない現場目線でHACCPについて考えるという
貴重な経験ができました。特に、その現場ごとに合わせた臨機応変なHACCPプランの構成が
大切だという事を学びました。また、作る側からの視点で、
大学での実習とは違う大量生産の現場を見ることができたのも勉強になりました。


どの学生さんも、充実した学びの体験を得られたようですね。
食文化学科では所定の講義単位を取得した上で「HACCP・食品安全管理学」や
「HACCPワークショップ」などを受講して認定を受けることによって、
食品安全の分野で近年注目されているHACCP管理者の資格を得ることができます。

今回のユーハイム神戸工場見学の貴重な体験をしっかりと生かして、
食品の安心安全を守る人材に皆さんが育ってくれることを願っています。

2018/10/5

カテゴリ :

食文化学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る