学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

食文化学科の記事一覧

食文化学科


こんにちは、関野です。
東アフリカ食文化研修の第3弾です。
*****

2) ケニア
ケニアは紅茶王国です。

① ケニア紅茶園
2018.3 ブログ東アフリカ 12
イギリス領東アフリカ諸国時代にインド、セイロン(現スリランカ)で
茶の仕事にしていたイギリス人退職者が
東アフリカに着目し1903年ケニアで栽培を始めました。

上写真の茶園もケニア最古の茶園で1910年から茶園を初め
現在は4世代目が経営をしています。
この写真一面の茶園と牧場、畑、山林を保有し正規の従業員は17名だそうです。

ケニアは、火山の赤土、1,200~1,400㎜の年間降雨量、
晴天が長期間続くなど安定な気候で
茶木育成に最適な場所、茶摘みは一年中可能で茶葉の成長が早いそうです。
土壌の栄養補充に天然肥料を使用し、オーガニック茶としても有名です。
2018.3 ブログ東アフリカ 13

茶園でのティータイムです。
ケニア紅茶はほとんどがCTC(Crush、Tear、Curl押しつぶし、引き裂き、丸める)製法で
作られた細かい葉でティーバッグ用。

2~3の個人茶園から始まり、100年後ケニアはインド、スリランカと共に
世界3大茶生産国、輸出量では世界一になりました。
現在はケニア、ウガンダ、タンザニア、マラウイ、モザンビークまで
広がり各国の重要な換金作物。

② 牛乳計り売り
2018.3 ブログ東アフリカ 14
スーパーの牛乳計り売りを初めて見ました。
1,2,3,4の中に空の容器を入れると牛乳が出てきます。
左の白衣の男性は係りの人で牛乳を入れた後
左手の布でキレイに拭いていました。

今回のタンザニア、ケニアの旅はこれらの国々と
旧宗主国のイギリスの関係を考えさせられる旅でした。
*****
これで連載は終わりです。

2018/3/13

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


こんにちは、関野です。
東アフリカ食文化研修の第2弾です。
*****

② キリマンジャロコーヒー園

2018.3 ブログ東アフリカ⑦
コーヒーの木の幼木は黒幕を覆い育てられています。
直射日光を当てると刺激が強すぎて葉焼けをおこすので遮光をし、
柔らかい葉に育てるそうです。
2018.3 ブログ東アフリカ⑧
日本でキリマンジャロコーヒーが有名になったのは
ヘミングウェイの「キリマンジャロの雪」がきっかけであると言われています。
世界的には人気のある銘柄ではないそうで、
私たちの見学は大歓迎でした。
この農園でキリマンの試飲をさせていただきました、
日本で売られているものより酸味が強く、
この酸味が癖になりそう。

③ ンゴロンゴロ保全地域
2018.3 ブログ東アフリカ⑨ 2018.3 ブログ東アフリカ⑩ 2018.3 ブログ東アフリカ⑪

ンゴロンゴロ保全地域に立ち寄りました。
ここは火山のカルデラに広がる平野で外輪は南北16km、
東西19kmで九州阿蘇山のカルデラのデッカイ版をイメージしてください。

このカルデラの中に野生動物が生息する動物保護区で
ほとんどの動物は一生ここから外に出ることができない隔離された場所です。
ライオン、チーター、バッファロー、ゾウ、カバ、シマウマ、ヌー、ハイエナ、
ジャッカルなどを車から見ました。
この地で、放牧生活を営むマサイ族に何組も出合いました。
このため、政府はこの地域を国立公園に指定せず、
保全地域で管理をしています。
1979年に世界自然遺産に、2010年に複合遺産として拡大登録されたそうです。
*****
つづく

2018/3/9

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


こんにちは。
関野です、春休みいかがお過ごしですか。
喫茶学演習の授業で話すケニア紅茶園、タンザニアキリマンジャロコーヒー園に
春休みを利用して行きました。

1) タンザニア
2018.3 ブログ東アフリカ①
ホテルからキリマンジャロ山を臨む。

① タンザニアの食文化
2018.3 ブログ東アフリカ②
コーリャンはイネ科の穀物でモロコシとも呼びここ熱帯アフリカが原産、
イネ、小麦などが育たない地域で育ちます。
上写真はコーリャンを発芽させ道路の端で干しているところです。
コーリャンに水を散布し発芽させ、その発芽コーリャンの酵素によって
糖化させて作るので、大麦を原料にするビールと同じ原理・方法です。
これがタンザニアの国民酒とよばれるお酒になります。
2018.3 ブログ東アフリカ③
このコーリャン酒は地酒っぽく、
この大きさの一杯が60円ぐらいで昼間から楽しんでいました。
2018.3 ブログ東アフリカ④
トマト、ジャガイモ、ニンニク、ショウガが大量に青空市場で売られて
いました。
2018.3 ブログ東アフリカ⑤
これは、マンゴー市場で色々な種類があります。
毎朝、毎昼に生食、ジュースで大いにマンゴーを楽しみました。
2018.3 ブログ東アフリカ⑥
スクランブルエッグを注文しました。
写真では下のトーストの色の影響で卵が少し黄色く見えますが
実は白に近い色です。
卵の黄色にこだわるのは日本人だけで黄身は白に近い色、
黄色になるのは鶏のエサの色由来です。
*****
つづく

2018/3/9

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


こんにちは、食品衛生学実習(1年後期)を担当している林です。
この実習では、食品衛生の重要性を頭だけでなく、
肌で実感してもらうために、手洗い前後の手に付いた汚れや細菌数の変化を調べたり、
手荒れやストレスチェック、実習室内の設備や器具の汚染度の検査、
生の食材の細菌数と、洗浄や加熱後の細菌数を比較する実験、
また、食品の鮮度検査や食品添加物(発色剤や着色料など)を
簡単に検出する実験などを行ってきました。

そして、最後の授業では、今回初めて、
日本細菌検査(株)とのコラボ授業を行いました。

2018.2 ブログ食品衛生学①
日本細菌検査(株)とは、一昨年、梅花幼稚園で「手洗い教室」を行い、
私のゼミ生も、幼稚園児の手洗いのお手伝いをしました。

梅花幼稚園では、先月も日本細菌検査(株)による
「手洗い教室」が行われました。
日本細菌検査(株)は、幼稚園だけでなく、小学校や保育専門学校生、
食品メーカーにおける外国人就労生向けの衛生教育など、
幅広く「手洗い」を中心とした食育事業を行っておられます。


今回は、特に、幼稚園、小学校、外国人就労生向けのセミナーの様子を
紹介していただき、実際に、現場で行われている実験やクイズなどに
学生も参加し、楽しみながら、様々な対象者にいかに食育を行っていくか、
また、「手洗い」の重要性を伝えるかということを学ばせていただきました。

また、2クラスの授業のうち、2回目の授業では、
森社長にもお越しいただき、社長自ら演じる手洗いマスコットキャラクター「ぷー」の登場に、
学生達も拍手喝采、しばし撮影タイムとなりました。

2018.2 ブログ食品衛生学②
学生達の感想でも、説明がとてもわかりやすく、歌やクイズ、
様々な手法で、楽しみながら手洗いの大切さを学べるところが
とてもいいという意見がほとんどでした。

今回、とても楽しく有意義なコラボ授業を行っていただきました
日本細菌検査(株)の皆様に、心よりお礼を申し上げます。

2018/2/8

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


みなさま、こんにちは、関野です。
お正月休みの中国湖南省張家界武陵源地域への旅の第2弾です。
*****

2)武陵源
湖南省の武陵源が広く知られるようになったのは1970年代から、
近くに鉄道が通ったからだそうです。
それまでは少数民族の土家(トウチャ)族・苗(ミャオ)族・トン族などが暮らす秘境で、
彼らは戦乱からここへ逃れてきたそうです。
漢族はここでは少数派です。
2018.1 ブログ武陵源⑦
花束や花冠を売り歩いている苗族のおばさん、
帽子が特徴でこの中には髪の毛、タオルなどが入っているそうです。
2018.1 ブログ武陵源⑧

武陵源は3億8千年前までは海で、岩の石柱は石英砂岩からなり
雨風で浸食されて形作られました。
ここは、アメリカ映画アバターのロケ地で一躍有名になり、
アバターの前で皆さん写真を撮っていました。
2018.1 ブログ武陵源⑨
百龍エレベーターが写真左上にあります。
野外にあるエレベーターで50名程を一気に運び上げ、
武陵源の絶景を上から見ることができ素晴らしかったです。
2018.1 ブログ武陵源⑩
険しい峰が連なる場所に「ガラス製の橋」が架けられ、
スカイ・ウオークでは長さ・高さとも世界一。
橋の上に乗る一度の定員は800名で、長蛇の列でした。

3)鳳凰古城
2018.1 ブログ武陵源⑪
沱江河を手漕ぎ船で遊覧しながら町並みを見学。
左岸にビッシリある家々は吊脚楼(ちょうきゃくろう)と呼ばれ
斜面の多い地形に杭を長く打ち高低差を除き、
その上に建物を建てた高床式で100年程前の家々。
主に苗族・トン族の建物で1階は米倉、2階が住居だそうです。

武陵源地域観光は雄大な景色を歩く旅でした、
最後のお別れに日本語ガイドの若い女性が毛沢東をたたえる歌を
うたってくれました。

 

2018/1/10

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


みなさま、こんにちは、関野です。
今年もよろしくお願いします。

お正月休みに1992年に世界自然遺産になった
中国湖南省張家界武陵源地域に行きました。

1) 湖南省
湖南省は洞庭湖(どうていこ)の南にあるため湖南と言い、北は湖北省です。
湖南、湖北も水稲生産が盛んでこの両地域の米の出来高が
その年の中国人の胃袋を決めるそうです。
湖南料理は中国8大料理の1ツで、夏が暑いので唐辛子を使った料理が多く、
皆さんも辛い物好きでした。
2018.1 ブログ武陵源①
ここは毛沢東の故郷で体が亡くなっても心は生き、
交通安全のお守りとして車に飾られ、皆を守ってくれているそうです。
2018.1 ブログ武陵源②
日本ではスイートコーンを食べますが
湖南では蒸すとふっくらする種類のコーンで
デンプンがモチ種で甘くはないがやさしい味でした。
2018.1 ブログ武陵源③
キウイ、ショウガ、ミカン、ザボンの産地、
今はミカンとザボンの季節、あちらこちらで売られていました。
また、ここにはマンガン鉱床があり、
マンガンを日本に輸出しています。
2018.1 ブログ武陵源④
ショウガはショウガ飴(上写真)にして土産物で販売しています。
2018.1 ブログ武陵源⑤
安化黒茶が有名で竹で編んだ筒に黒茶を入れて緊圧茶にして売ります。
2018.1 ブログ武陵源⑥
銅像は陸羽(733-804年)で彼は茶のバイブルと言われた
「茶経(ちゃきょう)」を著しました。
真ん中の石の上に急須と茶杯2個が置いてあり、芸が細かいです。
*****
つづく

2018/1/10

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


こんにちは、食文化学科3年のYです。

私たち食文化学科3,4年生30名は
喫茶学演習の授業で茶畑に行ってきました。

訪問先は京都の和束町(わづかちょう)、
平成27年度 文化庁選定日本遺産「日本茶800年の歴史散歩 和束町の茶畑景観」に
選ばれた場所です。
2018.1 茶畑①
訪れた日は、曇り空だったのですが茶畑の景色は深い緑色で綺麗。
風景と講義の後は、お茶の淹れ方体験です。
2018.1 茶畑②
真ん中にある急須は宝瓶(ほうひん)と言い、持ち手がありません。
お湯の温度を冷ましてから淹れるお茶に使うそうです。

日本茶インストラクターの方から教えて頂いたお茶は
私の普段のお茶より美味しく家でも実践しようと思いました。
最後の4煎目を飲んだ後、茶殻にポン酢をつけて食べました。

茶殻には水に溶けない栄養素が残ったままで飲むだけではもったいないので食べます。
茶殻は柔らかくて美味しく、初めての経験でした。
お茶菓子にはお茶を使った団子です。
2018.1 茶畑③
左から、煎茶・ほうじ茶・抹茶の順でどれも美味しく頂きました。

今回、茶葉の収穫時期が終わっていた為、茶摘みが出来なかったのが心残りでした。
今まで日本茶について知らなかったことも沢山学べました、
和束町茶源郷のみなさまありがとうございました。

後輩のみなさんもこの授業を履修し、
ぜひ茶畑を楽しんでみてください。

2018/1/7

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


『梅なでしこ鍋』が、現在販売中の全国のイオン各店に加えて、
松坂屋高槻店でも期間限定で販売されることになりました!

これに合わせて、商品開発に関わった食文化学科の学生による
店頭販売が、11月18日(土)に実施されました。
2017.11.18 ブログ梅なでしこ鍋①
『梅なでしこ鍋』は、
梅花女子大学食文化学科が中田食品株式会社×凸版印刷株式会社との
産学連携ワークショップで開発した梅豆乳鍋つゆです。
豆乳をベースに鶏だしのうま味と梅の酸味を利かせたことにより、
爽やかでこくのある味に仕上がっています。

当日はあいにくの雨でしたが、たくさんのお客様にご試飲・ご試食いただき、
商品を手に取っていただくことができました。
また、お客様から、「卒業生なので見に来ましたよ」、「面白いことを考えるわね」、
「頑張ってね」、などなど、数々の優しい励ましのお言葉をかけていただき、
最初は緊張していた学生たちも自信をもって、
商品説明や呼びかけの工夫を重ねて、いきいきと商品の宣伝ができるようになりました。
2017.11.18 ブログ梅なでしこ鍋②
自分たちが開発に関わった商品がお客様にどのように受け止めていただけるか、
直に接することができ、学生たちにとっては大変貴重な機会となったと思います。

販売にご協力いただきました松坂屋高槻店の皆様、
店頭販売をサポートいただきました魚くみの皆様、
そして何よりご購入いただきました皆様に厚く御礼を申し上げます。

ご興味のある方は、12月末までの限定販売(売切れ次第終了)ですので、
お早めにお立ち寄りください。

2017/12/2

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


こんにちは、食文化学科3年のMです。

私たち食文化学科2,3年生17名は
今回グリーンツーリズムの授業で小豆島へ行ってきました。
姫路港からフェリーに乗り
お昼前くらいに小豆島へ到着しました。

到着してまずふるさと村で
讃岐うどん作りを体験しました。
2017.11.30 グリーンツーリズム①
みんなで協力しながら、
生地を伸ばしうどん作りをしました。

思っていたより生地の厚さを均一にするのが難しかったですが、
茹でたてのうどんはとても美味しく、さすが讃岐うどんです。

うどん作りの後は、
マイオリーブオイルの採油実習をしました。
新鮮なオリーブの実を1時間ほど揉んでペースト状にします。

このペースト状にしたものを1日かけて果汁とオイルに分離させ、
オイルの部分だけをスポイトで取り出しました。
手搾りのオイル作りは手間も時間もかかりましたが、
自宅でパンにかけて食べると美味しく大人の味でした。

その他にもオリーブの実の収穫も体験しました。
2017.11.30 グリーンツーリズム②
ひとつひとつの実を丁寧に手摘みするので
とても大変でしたが、
みんなで協力して40kgも収穫することができました。

マルキン醤油記念館や二十四の瞳映画村、
寒霞渓にも行きました。

寒霞渓から眺めた紅葉の景色は
とても綺麗で紅葉を楽しみに観光客もたくさん来ていました。
2017.11.30 グリーンツーリズム③
2日間という短い期間でしたが、
小豆島についてたくさんのことを学べました。
小豆島町役場の皆さまありがとうございました。

帰阪したらオリーブを使ったレシピを考える宿題が出て、
私たち食文化学科学生の腕の見せ所です。

また是非みんなで訪れたいと思いました。

2017/12/2

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


11/19のオープンキャンパスには、寒い中、
たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

食文化学科では、製菓実習と食文化系のミニ授業をご用意し
みなさまをお迎えしました。

まず、製菓実習では、「本格ティラミスに挑戦しましょう!」と題し
マスカルポーネチーズをぜいたくに使った本格ティラミスに
チャレンジしていただきました。
2017.11.19 OC実習①風景
ふわふわ、とろとろの食感が絶品!
ぜひおうちでももう一度作って頂きたいものです。
2017.11.19 OC実習②ティラミス
また、食文化系のミニ授業では、「世界のチョコレート」と題し、
チョコレートが海を渡って南米からヨーロッパ、そして世界へ
広がっていった歴史と文化を、学んでいただきました。
2017.11.19 OCミニ授業①風景
世界中から集めたチョコレートの食べ比べも!
オーガニックものから、お塩が入ったもの、
大人の味のビターなものまでいろいろ試食していただきました。
2017.11.19 OCミニ授業②チョコ
次回のオープンキャンパスは、3月18日です。
皆さまのお越しを、心よりお待ちしています。

2017/11/19

カテゴリ :

食文化学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る