学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

管理栄養学科の記事一覧

管理栄養学科


こんにちは。助手の岡崎です。 皆様、楽しいクリスマスを過ごされましたかexclamation and question

今回は12/12(水)の初年次セミナーⅡの続編ですぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 講師の守田様がお勤めの株式会社OTOMOは、Organise Total Own Meal Of athleteの頭文字を

取って命名され、『自分自身で全ての食事を整えられるアスリートを育てる』を目標に、

食事・栄養指導、献立作成から食育イベント、セミナー、海外研修など様々な業務を行なって

いる会社です。管理栄養士が5名勤務していて、シフトを組んで業務に当たっておられますひらめき

12.27①

 

 高校女子サッカー選手や実業団女子長距離選手の寮では、献立作成から発注、買出し、

食事提供まで運営一切を管理栄養士1名でこなしますうれしい顔献立は『一汁三菜+二個ニコ』

(陸上の場合は『一汁四菜+二個ニコ』)を合言葉に、主食・主菜・副菜・(アスリートの副菜、

たんぱく質と野菜をとる)・汁物+乳製品・果物を楽しく食べられる(ニコニコと笑うイメージ)

ように考えられていますハートたち (複数ハート)試合や練習のスケジュールに合わせて献立を立てることも重要です。

サッカー選手寮では日本代表の試合日に相手チーム国のメニューを夕食時に提供したり、

郷土色メニューを取り入れるなどの工夫もされています。日本国内外での食文化の知識が生かされ

ています。

 

12.27②

 

 実際に配膳された夕食メニューの写真をいくつか拝見しましたが、どれもおいしそうで、

とても彩りよく美しく盛り付けられており、すばらしいと思いました!30名分の食事を一人で調理し、

時間内に整えるには、全ての作業工程を段取りよくこなす能力が必要です。調理学実習や給食経営

管理実習などの中で、段取りを考えながら調理していくことで、少しでも身に付けてもらえたらと思います。

 

12.27③

管理栄養士を目指すきっかけを話されていますムード

 

 高校時代にアスリートを支える仕事に尽きたいと思われた守田様。スポーツ栄養士の集まる

セミナーに参加されたことがきっかけで、自分の夢が現実味を帯びたと話されました。 現在、

初めての海外合宿へ帯同されています!これからますますご活躍が期待されます手 (パー)

 

 前回の辻本様、今回の守田様、どちらもどんな管理栄養士になりたいのかを明確に

お持ちでしたdouble exclamation学生の皆さんにもなりたい自分をイメージして、目標に向かって

努力してもらえたらうれしいです。

 

 お忙しい中貴重な講演をしていただいた株式会社OTOMOの守田様に、この場をお借りして

御礼申し上げます。

 

 今年も残りわずかとなりました。体調に気をつけて、良いお年をお迎えくださいわーい (嬉しい顔)

2018/12/28

カテゴリ :

管理栄養学科

管理栄養学科


こんにちは、助教の守田です。

12月15日(土)にクリスマスイブニングが開催されましたdouble exclamation

2018年のクリスマス標語は「心ひとつにクリスマス」ムード

梅花女子大学ならではのイベントとパフォーマンスが盛りだくさんで、たくさんのお客様が来場してくださいましたぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

12.15①

早稲田摂陵ウィンドバンドによるオープニングパレード

 

管理栄養学科では、ワークショップ「指で測ろう!あなたの健康度」と題して、AGEsセンサー(体内終末糖化産物)の測定体験を行いました!!ワークショップには、AGEsセンサーの開発研究をしたシャープライフサイエンス株式会社の上野様も強力な助っ人として参加してくださいました。この場をお借りして、改めてご協力に対して心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 12.15-2

 AGEsとは、食事などで過剰に摂取した糖とヒトの体を主に

構成しているたんぱく質が結びつくことで体内に生成される

老化物質のひとつ。

最終糖化産物(Advanced Glycation Endproducts)

と呼ばれるものです。

これは、加齢によっても生成されるものなので、

誰の体の中にも存在します。

(出典:

 シャープライフサイエンス株式会社 AGEsケア パンフレット)

 



今回のクリスマスイブニングでは、管理栄養学科2年生の基礎栄養学実験で学んだAGEsセンサーを使って、来場者の皆さんの健康度チェックを行いました。

12.15③

どの方も指一本で簡単に健康チェックができるということで、興味津々

12.15④

健康をおもう方々の長蛇の列double exclamation

表示された結果に一喜一憂する場面もちらほら・・・ほっとした顔

でも大丈夫です!このAGEsセンサーで示される結果は、あくまでも現在の状態を示しているだけ。

表示された結果をこれからの健康維持、改善のための目安として利用していただくことが大事なんだそうです!

 

これからも管理栄養学科では、食生活のサポートを通して健康な暮らしを提案できるような取り組みに積極的に関わっていこうと考えていますひらめき

2018/12/21

カテゴリ :

管理栄養学科

管理栄養学科


皆さま、こんにちは。助手の岡崎です。

12/12(水)の初年次セミナーⅡの時間に、現在管理栄養士として働いている方をゲスト

スピーカーにお招きして、表題のテーマでご講演いただきましたぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 講師の辻本様がお勤めの株式会社オリエンタルベーカリーは、関西の業務用パンメーカーで、病院・老人ホームを中心に幼稚園・保育園や、ホテル・カフェなどの外食産業まで幅広くお取引されています。関西国際空港発の90%の便に、オリエンタルベーカリーのパンが積み込まれているそうですdouble exclamation

12.12-1

 

パンメーカーでの管理栄養士の仕事は、商品管理、新商品開発、営業など多岐に渡り、商品管理業務としては製造の品質管理部門と連携して、成分表、アレルゲン表、原材料表の編集・管理や規格書を作成されています。営業としては、顧客への対応の他に新規得意先の開拓もされています。管理栄養士の免許を持っていることで、取引先の栄養士さんの話が理解できる、新規営業の際には肩書きが信頼につながって話を聞いてもらいやすい、などの利点があり、営業につながっているそうですわーい (嬉しい顔)

12.12-2

多岐に渡るお仕事内容ですね指でOK

そして、商品開発では、毎月3~7種類の菓子パンを新商品として発売されています。またアスリートのための補食として、『アスリート応援パン』を開発、販売されています。

 12.12-3

『アスリート応援パン』はアスリートが足りない栄養素を手軽に補えるように栄養素のバランスを考えて作られています。運動前にエネルギーを補給するための『前パン』と、運動後に疲労回復のためのエネルギー補給、壊れた筋肉の修復のためにたんぱく質を強化した『後パン』とがあり、シーンに応じて使い分けることが出来ます。

若手社員にも責任ある仕事をまかせてもらえ、自分で考えた案が実際に商品化されるのが、株式会社オリエンタルベーカリーで働く面白みであると話されていました。実際、

辻本様は入社4年目にして主任に昇進exclamation昇給もされたとのことで、ますますご活躍が期待されるところです。

食品会社で働く管理栄養士さんって、どんな仕事をしているのexclamation and questionと思っていた学生にも、今まで抱いていた仕事のイメージが具体的になったのではないでしょうか。

個人的には、『アスリート応援パン』通販で購入しました!届くのが楽しみです目がハート (顔)

 

お忙しい中素敵な講演をしていただいた株式会社オリエンタルベーカリーの辻本様に、

この場をお借りして御礼申し上げます。

2018/12/14

カテゴリ :

管理栄養学科

管理栄養学科


皆さんこんにちは。助手の岡崎です。

産学連携レシピ開発のPRで、12月1日(土)に松坂屋高槻店へ学生2名と行ってきましたわーい (嬉しい顔)

 

『長崎・熊本うまかもんフェア』が行われている期間ということで、試食提供させていただいたメニューは長崎県産の鰤を使った「ぶりのユッケ」指でOK

12.01①ぶりのユッケです☆

 

12.01②ご来場いただいたお客様、ありがとうございますハートたち (複数ハート)

 

生食用の鰤に韓国風のタレを絡めました。

「タレは売ってないの?」とおっしゃっていただいたお客様も多く、とても好評でしたdouble exclamation

 

12.01③明るく元気に接客中ムード

 

最後になりましたが、お世話になりました松坂屋高槻店様、株式会社魚くみ様、

大阪府中央卸売市場の関係者の皆様に、厚く御礼申し上げます。

2018/12/4

カテゴリ :

管理栄養学科

管理栄養学科


こんにちは!

11月11日オープンキャンパススタッフ、管理栄養学科2年生の石橋・新垣・鈴木・保阪です。

前回のオープンキャンパスに続き、学生がブログを書かせてもらいます。

 

11月11日 日曜日、オープンキャンパスが実施されました。

今回は、オープンキャンパスと同時に入学前プログラムも開催されていました。

 

今回のミニ授業は、「ダイエットと栄養 -タニタ食堂の種明かしー」という内容で、井戸先生による授業でした。

11.11①

 

 

タニタ食堂の定食のカロリーと、その定食にアレンジを加え、もっとカロリーを抑える方法の説明がありました。

 

タニタ食堂のお話以外にも、肥満についてや、糖尿病についてのお話もありました。

 

 

ヒトが1㎏痩せるためには、7200kcal減らすことが必要です。

この情報は、授業に参加してくれたみなさんも初耳だったのかざわめきが起こりました。

11.11②

(▲糖尿病にかかると、発症するリスクがある合併症についてのお話を聞いている様子です。学生の皆さんもわかるように、トーマスに例えてのおもしろい内容でした。)

 

 

次回3月17日(日)のオープンキャンパスのミニ授業は…?

「食生活の変遷と学校給食」を開催する予定です!

栄養教育担当の安藤先生による、明るく楽しい授業です!✨

私たちも、安藤先生の授業はまだ受けたことがないので、どのような授業になるのか楽しみです☺

 

学科の学生や先生とお話しできるいい機会です!

みなさまの参加を心よりお待ちしております♪

2018/11/13

カテゴリ :

管理栄養学科

管理栄養学科


皆さんこんにちは。管理栄養学科1年の南、脇島、藤岡です。

10月23日(火)の調理学実習で、「ブリを使ったメニュー開発プロジェクト」を実施しました!!

 

魚くみ松坂屋高槻店から、主任の溜池さんと助手として板垣さんが来てくださり、鰤捌きの

実演と調理指導をしてくださいました。

その後、各班で考えたブリ料理を作り、試食・評価していただきました。

10.25① 17種類の料理が完成♪

 

授業が終わってから、お二人にぶり大根を作っていただきました。翌日初年次セミナーの前に

みんなで試食しました。

味付けのバランスが良くて、大根やブリに味がしみ込んでいておいしかったです!!

10.25②

ぶり大根製作中♪

 

魚くみ松坂屋高槻店、大阪府中央卸売市場の皆さん、ありがとうございました!!

2018/10/29

カテゴリ :

管理栄養学科

管理栄養学科


皆さん、こんにちは。助手の岡崎です。

茨木市制70周年記念弁当【梅花女子大生が考えた野菜弁当】の店頭PR第2弾ですひらめき

10月21日(日)に、イオンスタイル新茨木(阪急茨木市駅近く)へ、考案した学生2名と再出陣しました。2回の店頭PRに参加しての学生の感想は以下の通りです。

**********************************************************************************

沢山の方に知ってもらい、お買い求めいただくことができ、嬉しかったです。

実際に、売り場に出て販売をしてみて、お客様の直接の意見を聞くことができました。美味しかったという声をかけてもらえることも多く、嬉しかったです。(橋本)

 

自分が考えた商品が売り場に並ぶのは初めてのことで、楽しみな反面買ってもらえるのか不安な気持ちでいっぱいでした。

しかし実際私も売り場に立ってみると、新聞で見たとお弁当を手に取ってくださったり頑張ってと声をかけてくださる方が大勢いて、販売促進PRが終わった今は嬉しい記憶が多いです。

二日間売り場に立ったのでお客さまからお弁当を食べた感想を聞けることもあり、もっと改善できる点も見えてきました。

これからも更に良い取り組みができるように頑張っていきたいです。(吉川)

**********************************************************************************

レシピ考案から商品化され、その商品を実際に店舗で販売されているお店に立ってお客様の反応を直に見ることができ、学生にとって貴重な経験になったと思いますぴかぴか (新しい)

このような機会をいただきました茨木市、イオンスタイル新茨木の方々に、この場をお借りして

厚く御礼申し上げます。

10.24①

 

お弁当の販売は10月28日(日)までとなっています。残り5日ほどですが、さらに多くのお客様に

手に取っていただければ幸いです。どうぞお試しくださいdouble exclamation

2018/10/24

カテゴリ :

管理栄養学科

管理栄養学科


皆さん、こんにちは。助手の岡崎です。

茨木市制70周年記念弁当【梅花女子大生が考えた野菜弁当】の店頭PRのため、10月14日(日)に

イオンスタイル新茨木(阪急茨木市駅近く)へ学生2名と出陣しました手 (パー)

 10.15①

 

13日(土)の朝日新聞に掲載されたこともあり、たくさんのお客様に手に取っていただきました。

中には召し上がった感想をわざわざお伝えに、再来店くださったお客様もおられ大変感激しましたムード

当日はお弁当の1品である【大甘青とうとなすの炊いたん】を試食いただきました。大甘青とうは茨木市産の野菜を使用しており、ししとうよりも辛さが少なく、食べやすく仕上がっています。

 10.15②

とても好評だった大甘青とうとなすの炊いたん

10.15③

私達が考案しました!

 

お弁当の販売は10月28日(日)までで、来週21日(日)も店頭PRさせていただきます。

地元茨木産の野菜を使ったお弁当わーい (嬉しい顔)

多くの皆様にお召し上がりいただければうれしいです。

是非一度、お試しくださいdouble exclamation

2018/10/16

カテゴリ :

管理栄養学科

管理栄養学科


管理栄養学科2年の問題発見・解決セミナーⅠ・Ⅱでは、「栄養士の視点に立って、現実社会から様々な問題や課題を発見し、その解決策を提案する」という、探偵ナイトスクープみたいのことを目的とした実践的学習に取り組んでいます。

今回は、問題発見・解決セミナーⅠ(前期)で、丸福珈琲店とのコラボメニュー開発プロジェクトの一環として、守田(セミナーⅠ・Ⅱ担当教員)と学生たちとで、メニュー試作をしてきましたハートたち (複数ハート)

丸福珈琲店は、創業85周年と大阪の老舗珈琲店で、本店の千日前店を核に、時流に乗り、京阪神、東京で店舗展開しています。

http://marufukucoffeeten.com/store/index.php

 

メニュー試作は、秋晴れのすがすがしい日の朝、丸福珈琲店中之島ダイビル店の実際の店舗のキッチンをお借りして行いました。

10.14①

 

10.14②

丸福珈琲店中之島ダイビル店の店内

 

普段調理実習を行っている調理実習室とは違い、実際の店舗での実践的な調理でしたが、みんなで考案したメニューを一生懸命に調理しました。

 10.14③

慣れない場所での調理でみんなあたふた・・・・

 10.14④

用意していただいた食材を丁寧に下処理します

 10.14⑤

栄養や味のバランスを考えて・・・何ができるかはお楽しみるんるん (音符)

 

全員で一致団結し、そして丸福商店の濱村係長、丸福珈琲店中之島ダイビル店の店長のとても温かいご支援とご協力のもとで、なんとか試作メニュー全3品を作ることができましたexclamation

 

試作したメニューをテーブルにセットして、さっそく試食exclamation

そして、すぐに今回のコラボプロジェクトの発起人である丸福商店・濱村係長との真剣な意見交換を行いました。

 10.14⑥

丸福商店・濱村係長との意見交換

 

セミナーのときに、アイディアを考えてあーでもないこーでもないといろいろと頭を悩ませましたが、実際に自分たちで考案したレシピ通りに試作してみると、当初は考えてもいなかったいろいろな問題点に気がつくことができましたねひらめき

 

今後は急ピッチで改良を行い、メニューの発売までラストスパートです☆☆

がんばれ、がんばれ、エイエイオーdouble exclamationdouble exclamation

 

さてさて、ここまで引っ張っていったいどんなメニューを考案して試作したのかは、発売までのお楽しみムードということで今回は発表いたしませんexclamation

 

乞うご期待double exclamation

2018/10/15

カテゴリ :

管理栄養学科

管理栄養学科


みなさんこんにちは、助教の守田です!

 

10月11日(木)に大阪ガス株式会社 近畿圏部 北部地域共創チームから廣瀬頼子様、大石ひとみ様をお招きし、「大阪ガスの食育への取り組み~現場からの報告~」と題した講演をいただきました。

 

この場をお借りして、大阪ガス株式会社の廣瀬頼子様と大石ひとみ様に改めて感謝申し上げます。

 

近年、未来を担う子どもたちを取り巻く社会環境が多様化し、「食」のあり方や考え方も様々な変化をみせています。大阪ガスでは、次世代教育のための取り組み、またCSRのひとつとして「食育」に積極的に取り組まれています目

 

10.11①

大阪ガス・大石ひとみ様のご講演中の様子

 

管理栄養学科の学生は、食を通じて国民の健康と明るい未来をサポートする仕事ということもあり、みんな「食育」の考え方の歴史とその歩み、そしてその重要性をしっかりと学んでいる様子でしたわーい (嬉しい顔)

 

10.11②

大阪ガス・廣瀬頼子様のご講演中の様子

 

ご講演の後半では、実際に大阪ガスで行われた「食育」の取り組みを数多く紹介していただきました。ひとことで「食育」といっても対象の子どもたちの年齢やそれぞれの事情に合わせて、伝えたい内容を吟味し、分かりやすく、楽しい活動体験になるようにと工夫をされているとのこと。

 

今回の食育講演会は、「食」に興味を持ち、将来は「食」を通じて人々の健康と日常を支えられる管理栄養士を目指している学生たちに、とても多くの気づきを与えていただけた講演会になったように思いますひらめき

 

 

2018/10/15

カテゴリ :

管理栄養学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る