学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

日本文化創造学科の記事一覧

日本文化創造学科


こんにちは!
日本文化創造学科3年生の玉田と永倉です。

 

先日、観光フィールドワークへ清水坂周辺を歩いてきました!
今回は、私たちが担当して調べた「空也上人像《六波羅蜜寺蔵》」について紹介していきます。
空也上人は世の中に「南無阿弥陀仏」の念仏を説いて広め、「阿弥陀聖(あみだひじり)」「市聖(いちのひじり)」と呼ばれた偉大な僧です。

写真1
上の写真は空也上人像が納められている六波羅蜜寺です。
到着した私たちは本堂を抜けて、宝物館の見学をしました。
宝物館には、重要文化財を含むたくさんの仏像が大切に保管されており、見学することができます。

 

こちらが空也上人像です。

写真2
(画像)『空也上人像(六波羅蜜寺蔵)』:石井義長『空也 我が国の念仏の祖師と申すべし』(ミネルヴァ書房、2009年)より引用

 

空也上人像は大仏師運慶の四男である康勝の作で、その瞳には水晶が使用されており、近くでみると輝いているのがわかります。腕には血管の筋が精巧に再現されているなど、卓越した技術を垣間見ることができました。学芸員さんが、鎌倉時代の最高傑作と言われているとおっしゃっていましたが、納得です!

 

口から吐き出されている小阿弥陀仏像も間近で見られて大満足でした~。
皆さんも是非、六波羅蜜寺の宝物館を訪れた際には注目して見学してみてくださいね~!

 

【日本文化創造学科フィールドワーク・清水坂②】六波羅蜜寺を訪れて

2019/1/9

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは。日本文化創造学科の赤崎と熊谷です。
今回フィールドワークで訪れた京都のお寺、六波羅蜜寺についてご紹介します。

IMG_0675

こちらが外観です。
授業でこのお寺について調べていた時に見た写真と実物とは違って、とても綺麗で驚きました。写真のご本堂は室町時代の建物だそうです。

 

写真②
続いて、こちらの写真は、「六波羅蜜寺」の前にあった看板です。
二段落目に書かれている「空也上人は醍醐天皇の第二皇子」というのは、事前に調べた本には違うと書かれていたのですが…はっきりとは分かりませんでした。空也のような有名人についても、いろんな解釈があるようで、歴史って深いですね。

写真③ インスタグラム用

学芸員の方が案内してくださった宝物館には、重要文化財に指定されている空也上人などの木像が保管されており、とても興味深かったです。
また、書道を学んでいる私にとって個人的には弘法大師空海の像も見ることができたのでとても嬉しかったです!

 

この時代の歴史を知ることが出来るので、皆さんも京都や清水寺周辺を訪れた際にはぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

【日本文化創造学科フィールドワーク・清水坂①】五条大橋と六条河原

2018/12/27

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは、学会役員です。

 

12月3日に秋季講演会を開催しました。
講師には日本文化創造学科の卒業生で、現在は藤森太鼓保存会で太鼓をしている今西恵梨さまにお越しいただき、「人生を変えた太鼓との出会い」という題でご講演いただきました。

写真 1

はじめに、今西さまが太鼓と出会い、藤森太鼓保存会に入るまでのことを話してくださいました。

写真 2

その後に藤森祭の奉納演奏の映像を鑑賞しました。映像からでも迫力が伝わり、すばらしかったです。

写真 3

映像の後には実演もしてくださいました。
間近で見る演奏は、映像以上に迫力がありとてもかっこよかったです。生で聴く音は、からだの芯まで響くようで感動しました。

写真 4

さいごには、質問にも答えてくださいました。
太鼓という好きなことと仕事の両立の秘訣などの質問にも真摯に答えてくださり、とてもためになりました。

写真 5

ご公演当日は、たくさんの貴重なお話を聴くことが出来ました。
今西恵梨さま、本当にありがとうございました。

2018/12/17

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは、日本文化創造学科の「肉まん」と「からあげ」です!おいしい!!

 

11月4日、フィールドワークの授業で、清水五条駅から清水寺までを歩きました。
今回は、その中から「五条大橋」と「六条河原」について書かせていただきます。

 

「五条大橋」は、牛若丸と弁慶が対峙したエピソードで有名です。
そのため、現在の橋には、両者の石像があります(o´・ェ・`o)…とはいえ、これには、注意が必要なのです!

写真①

というのは、昔の五条大橋は、現在の松原橋がかかっている場所にあったのですが、豊臣秀吉の時代に現在の場所につけ替えられたからです。
牛若丸と弁慶の像は、エピソードとは関係の無い場所に立っているんですね。

写真②

 

こちらが、現在の松原橋です。もともと五条大橋がかかっていた場所です。

 

次に「六条河原」ですが、ここでは多くの人々が処刑されています。
特に有名なのは、関ヶ原の戦いで敗れた石田三成や小西行長、安国寺恵瓊の三名が処刑されています。

写真③

 

とはいえ、かつて六条河原だった場所は、現在はランニングをしている方がおられるような、平和な普通の河原でした。過去の様子を想像しながら歩いてみると拍子抜けした気分になりました…

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございましたヾ(*・∀・)/

2018/12/13

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは。日本文化創造学会です。

先日から連載しているの「瀬戸内海よくばりツアー」の続きです。

 

2日目は、台風の影響で急遽予定を変更し、安全を考慮してすぐ帰宅…と少し慌ただしくなってしまいました。

ですが、それでも、うずしお観潮船に乗り、栗林公園で景観を楽しみ金比羅山参拝とお土産に写真、グルメ等々充実した旅になったと思います~!

写真1

集合写真も青空の下で撮れました(◍ ´꒳` ◍)b ばっちり!

笑顔の写真もたくさんです!
写真2
写真3

唯一つ心残りがあるとすれば…2日目のさぬきうどん食べ比べが出来なかったことでしょうか( ノω-、)
けれどホテルの夕食でさぬきうどん(めっちゃ美味しかった)を食べたのでヨシとします!(笑)

 

以上でレポートは終了になります。
大変でしたが、とても楽しい旅でした!(o≧∀≦o)ノ゙

 

来年の旅行はどこになるんでしょうね~今からワクワクです…!
願わくば台風が重なりませんように!!(笑)

 

 

【日本文化創造学会・瀬戸内海よくばりツアー③】金刀比羅宮

2018/11/28

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは。日本文化創造学会の西林です。

先日から連載しているの「瀬戸内海よくばりツアー」の続きです。
私は、夕方に参拝した「金毘羅宮」についてお話します。

 

本来は、2日目の午前中に参拝する予定だったのですが、台風が迫っており中止になる可能性が高かったので、1日目の夕方に参拝することになりました。
そのため、全員参加ではなく自由参加となりました。
金毘羅宮の御本堂に行くには、785段の長い石段の参道を登らなければなりませんでした。

写真①

 

ここが階段のスタート!
途中でお土産屋さんもあったのですが、5時過ぎ頃だったので閉まってるところが多かったです( ̄▽ ̄;)
所々で「ここで何段!」と書かれてあって、勇気が出るような、心が折れるような……。

写真②

写真③

 

やっとお店を抜けてそれっぽくなってきました。
でも階段はまだまだあります。
ここらへんでちらほらとバテてる方が見られました。

写真④

 

小休憩ε-(´∀`*)

 

途中で平坦な道もありましたが、ひたすら階段を登り続けました。
手水舎があって、もう終わりかと思ったらまだ階段があったり。
ただ、その分最後の階段のところにあった「あと133段!」という文字が嬉しかったです。
嬉しくて写真を撮りそこねましたが……。

 

写真⑥

 

到着!!
そして景色がきれい!!!
登り切った皆さんには、疲れの表情とともに達成感も見られました。

 

実は、6時でお堂が閉まってしまうという事で、全体的に急ぎ足で登っていました。
ですが、少し遅れたりはあったものの全員が6時までに何とか登り切る事が出来ましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

写真⑦

参拝をしたり、お守りを買ったりして休憩をしたら、今度は下山です!
下りてしまえば、後はご飯を食べてお風呂に入って寝るだけ!

 

皆さん、お疲れ様でした!!

 

 

【日本文化創造学会・瀬戸内海よくばりツアー②】栗林公園

2018/11/20

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは。学会役員です。

さて、前回に引き続き「瀬戸内海よくばりツアー」のブログです。

 

一日目の午後は、香川県に移動し、栗林公園を見学しました。

写真1

写真は、全員で一番の絶景ポイントとされる飛来峰の近くで、偃月橋をバックに撮影したものです。

 

栗林公園は日本最大級の旧大名庭園です。
庭園内には多くの松が植わっていて、素晴らしい景観でした。とても広いので、全てを見て回ることは出来ませんでしたが、少し歩いただけでも十分に楽しむことができました。
お昼という暑い時間帯でしたが、緑も多く、松の木のおかげでたくさん影が出来ていたので暑さも和らぎました。

写真2

写真3

ちなみに、私は「花園亭」というお店で、おいりがトッピングされた「嫁入りソフトクリーム」を食べました。
見た目もとても可愛くて、ほんのり甘いおいりがとても美味しかったです。

 

次回に続きます!お楽しみに!

 

【日本文化創造学会・瀬戸内海よくばりツアー①】鳴門の渦潮

2018/11/14

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


みなさんこんにちは、日本文化創造学会役員です!
日に日に陽が短くなってきましたね。
寒い日が続くようになりますが、体調などお気をつけください。

 

さて、今回のブログはこの秋に行った日本文化創造学科「秋の歴史・文学旅行」についてです。
9月3日(月)~4日(火)に「瀬戸内海よくばりツアー」と題して、我々は徳島・香川県に行ってまいりました。

朝早い集合時間でしたが、初日は天気も良く、参加した学生は皆、大はしゃぎでスタートしました。

 

最初の目的地はこちら

 

写真①

鳴門のうずしお観光です。

写真②

この船に乗って大鳴門橋の下を通り遊覧します。

この日は渦が発生するピークの時間帯に乗ることができました!
想像以上の迫力に思わずカメラを向けます。

 

写真③

 

船酔い等もなく無事にうずしお遊覧船は終了しました。
その後、参加者は興奮した様子で各自、昼食へと向かいました。
名産のわかめがたっぷり入ったうどんや、瀬戸内海で育った鯛を使った料理など楽しんでいただきました。

 

昼食後は少しバスで移動し、「次の目的地」に向かいます。

今回の学科ブログはここまでです。「次の目的地」は、ブログの更新をお楽しみに!
ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

2018/11/11

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは!

日本文化創造学科3年生の前田です(・∇・)

先月のオープンキャンパスで、書道部で書道パフォーマンスをしました。

 1

作品のテーマは「一筆入魂」!!

私たちの書道に対する熱い想いを、筆にたくして表現しました。

2

 3

地面は、足を火傷しそうな暑さ、笑

マットも毛氈も紙もあつーい(T_T)

私は「色 鮮やかに」を書きました!

ひらがなが難しくて、苦労しました~あせあせ (飛び散る汗)


4

7

 5

 8

 暑い中、たくさんの高校生たちが見てくださいました。

見てくれたみなさん、ありがとうございました!!

9

日本文化創造学科の書道の志を紹介しました。

仲間とめっちゃ練習して・・・

作品は、とてもいい感じにできたと思います(^-^)

 


茨木フェスティバルでも書道パフォーマンスをしました!

猛暑に負けず、がんばってます

2018/8/11

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


みなさんこんにちは!日本文化創造学科のコヤマです。
暑い日が続いていますがお元気でしょうか。

 

さて今回は、先日の歴史文化フィールドワークについてのお話です。
みなさん、大阪でも指折りの幹線道路である下の道はご存知でしょうか?

写真①

 

御堂筋は、銀杏並木や冬のライトアップで有名ですよね。
お休みの日やクリスマスに歩かれる方も多いのではないでしょうか。

 

御堂筋は、大正時代に都市計画により延長・拡幅されました。
その計画を実行し、その時代の大阪を支えたのがこの方、

写真②

 

関一市長です。
第7代大阪市市長として、大阪を発展させた人物として知られています。
大正時代の大阪は「大大阪(だいおおさか)」と称され、人口や面積は当時の東京を超えて日本一の時代がありました!(世界でも第六位の大都市でした)

 

中之島には、今日の大阪の発展と切り離せない歴史のある御堂筋が縦断し、また御堂筋の整備を計画した関一市長の像もあります。ぜひ一度、歩きにいってみませんか?

 

※本ブログをもって、【日本文化創造学科フィールドワーク・中之島】編は完結です。中之島周辺を歩くと、江戸時代~近代にかけての大阪の歴史・文化を実体験できます。学生が記したブログを参考に、ぜひ一度足をお運びください(授業担当:前田)。

 

【日本文化創造学科フィールドワーク・中之島⑦】元・大阪唯一の公立図書館

2018/8/10

カテゴリ :

日本文化創造学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る