学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

心理学科 2017年08月の記事一覧

心理学科


 心理学科の渡邊です。この夏、アニマルセラピーコースの今後の学びと就職関連の調査のために、東京のいくつかの施設を見学してきました。

 まずは上野動物園です。行ったことのある方も多いと思いますが、獣医師なのに恥ずかしながら僕は実は今回生まれて初めて行ってきました。

 やはり日本一の動物園。圧巻の内容でした。残念ながら話題の【子パンダ】はまだ見ることができなかったのですが、【大人パンダ】でも十分すぎるぐらい可愛かったです。

IMG_5306

 カワウソは溺死したんちゃうか!?と思いましたが、貴重な足の裏を見ることができました。

IMG_5275

 展示の仕方で面白いなぁと感じたことは、トラなどの密林に住む動物の展示場に小川が流れてるんですね。これがグッとリアリティを高めていました。フィールド自体にも【動き】を持たせることで、こんなにも動物が生き生きしているように見えるのか!と感じました。

IMG_5282

 ホッキョクグマがしゃぶりついているのは、おそらく牛の大腿骨です。すごい迫力。

IMG_5294

 そして僕個人としてはゴリラにはまってしまいました。自分に近いものを感じたからかもしれません…(笑)

IMG_5287 IMG_5284

 次に夜間の救急動物病院と友人の動物病院にも見学に行ってきました。関東での獣医療の生の声を聞くためです。関西との違いがいくつもあり勉強になりました。東京の動物病院でも獣医師・看護師ともに人手不足なようです。

IMG_5261 IMG_5266

 そして今回の【遠征】のメインの目的が、マースリミテッドジャパンさんの本社の訪問でした。この企業はみなさんもご存知の超有名なチョコレート菓子を扱っている外資系企業で、動物のフードやおやつなども扱っておられます。よければ検索してみてください。

 今回僕が「どうしても見てみたい!」と訪問させていただいた理由が実はコレなんです。

IMG_5256

 そう。オフィスの中に猫ちゃんがいるんですね。大阪にもオフィスをお持ちですが、猫がいるのは東京のオフィスだけなんです。猫たちが暮らす部屋は広々としていて、まるで猫カフェみたい。

IMG_5257 IMG_5258

 この猫ちゃんたちは実は遠く小笠原諸島のある島で、固有種を捕食してしまうので駆除対象となり捕獲されたという経歴を持っています。元々飼われていた猫が地域猫化してしまうのはどこにでもあることなんですが、これが離島となると思わぬ問題が生じてしまうのですね…。人と動物、そして自然との関わりについて考えさせられました。

 仕事のあいまに社員の方で猫好きな方はだれでもふれあいに来れるそうなんですが、当然中には動物が苦手だという方もおられます。もしくは動物は好きだけどアレルギーが…という方もおられます。そういう方に配慮しながら、なおかつ猫が自由に生活できるように、そしてその姿を猫好きな方にはみていただけるような設備があるのです。それがこちら!

IMG_5259 IMG_5255

 なんと部屋を行き来できる天井トンネル、キャットウォークがあるのです。これで【共生】もばっちりですよね。限られたスペースの中で、猫ちゃんたちは自由奔放に動き回れますし、その様子を我々が楽しむこともできます。

 動物好きが集まる職場だからこそ、動物が苦手だという人にとことん配慮する、ルールをしっかり守る。これが徹底されているのだということを強く強く感じました。先ほどの猫を保護したというお話もそうですが、人と動物の生活のために企業として何ができるのかということに日々取り組んでおられ、そしてそれを世に向けて発信されておられるんだという様子が伝わってきました。

 また今回は残念ながら会えなかったのですが、社員の方がご自分のワンコを連れて出社されているケースもあるそうです。それによって、単に仕事の効率が上がるだけでなく、そのワンコを囲んで自然と会話が生まれ、お互いにお世話しあったりすることでチームワークが高まるんだとか。これぞまさにアニマルセラピーの【社会的効果】ですよね。

 また担当してくださった広報の方が仰っておられましたが、たとえばペットフード関連の企業に就職すると、たしかに直接動物と触れ合う以外の業務がほとんどになります。しかし、そこで仕事をするのは「人と動物がよりよい生活をするにはどうしたらよいか」ということのためであるし、なにより「動物と生活するってこんなに楽しいんや!」ということを実感として持っている人でなければ、想像力を働かしてより良い製品を開発することはできないんだというお言葉がとても印象的でした。

 心理学科で学ぶこと、心理学科で体験することが、必ずしも直接動物に触れ合う仕事だけではなく、人と動物の生活のための仕事でも生きるんだという、その分野で日本をリードされておられるトップランナーの方のお言葉は、学生に伝える側の身としてとても勇気付けられました。

 これからも広い視野で「人と動物のより良い関係ってなんだろう??」ということを、学生さんと一緒に深めていこうと改めて決意した次第です。

 今後も引き続き、様々な現場を取材し、紹介していきたいと思います。

 それではみなさま。

 Ci vediamo!

2017/8/26

カテゴリ :

心理学科

心理学科


 みなさんこんにちは。心理学科の渡邊です。

 家庭犬と警察犬の両方の訓練をおこなっておられる訓練所に、学生二人と共に見学に行ってきました。

 警察犬の訓練士というのは大変なお仕事で、気力・体力が充実していないととてもじゃないけど務まらないという感じがひしひしと伝わってきました。その訓練所で訓練士としてのトレーニングを積んでおられる方は殆どが女性なのですが、みなさんしんどいこと、苦しいことは微塵も表に出すことなく、エネルギッシュに動き回っておられました。メチャクチャかっこよかったです。

 僕たちはまず、所長さんと訓練所のOGの方から、日本における警察犬と警察犬訓練の現状についてお話をうかがい、その後、実際の訓練の一部を見せていただきました。

 警察犬として問われる能力は主に3つで、追及(犯人の臭いの跡をたどる)・選別(犯人のものと同じ臭いを嗅ぎ分けて特定する)・警戒(犯人の腕に咬みつく)とされています。今回は追及と警戒、そしてその全ての基礎となる服従訓練を実際に見せていただきました。

 写真は犯人に犯人役の学生さん↓

IMG_5180 IMG_5183

 面白いなぁと思ったのは、今回は2頭のシェパードがデモンストレーションを見せてくれたのですが、同じシェパードでもそのコによって得意としている技は全然違うなーというところです。追及は少しビビリなぐらいの性格の犬が向いているし、警戒のほうはハンドラーの指示に食い気味なぐらいが良いとのこと。犬の世界でも適材適所、というワケなんですね。

 実際今回、【警戒】のデモンストレーションに協力してくれたシェパードくんはかなりおじいさんらしいんですが、血気盛んで、腕を持っていかれるんちゃうか!?というような力でひっぱられました。僕は商売柄、犬に咬まれるのは恐怖でしかないので(涙)、いくら防具の上から咬まれているとはいえメチャクチャビビってしまいました。その点、2人の学生のほうが肝がすわってました。頼もしい限りです。

 暑い中、所の方々には大変お世話になりました。ありがとうございました!!とても貴重な経験をさせていただきました。

 夏休みも心理学科のアニマルセラピーコースでは、訓練士のタマゴたちに負けないぐらい精力的に活動していきたいとおもっています!!

※協力:南大阪愛犬・警察犬訓練所

 

2017/8/3

カテゴリ :

心理学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る