学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

食文化学科 2018年10月の記事一覧

食文化学科


みなさま、こんにちは、関野です。
北海道の早い紅葉を楽しみながら
石狩市、千歳市などでサケの遡上を求めて、
さがし回りました。
2018.11 鮭遡上①
石狩市の浜益川では毎年サケの遡上数と魚体調査のデータ収集を目的に
有効利用調査がされています。
河川でのサケの捕獲は禁止されていますが
採捕従事者は調査としてサケを釣ることができます。
もちろん、採捕従事者は料金が必要です。
2018.11 鮭遡上②
上写真はサケマス情報館の中の
水槽、婚姻色をしたサクラマスが泳いでいます。
2018.11 鮭遡上③
情報館の中に流れている千歳川で、係りの方の案内でサケの遡上を見ました。
左下などの黒い影がサケで目が慣れてくると、何匹も泳いでいるのを見ることができます。
テレビのニュースなどで、浅瀬をたくさんのサケが必死に遡上を試みる場面を
見ますが、そんな素敵な風景に出会えるのはナカナカ難しいそうです。
2018.11 鮭遡上④
上写真は千歳水族館の横の千歳川に秋だけ設置しているインディアン水車。
これは日本海さけ・ます増殖協会が管理し
インディアン水車で、ふ化事業に用いるサケを捕獲します。
橋の上から見ていると、遡上したサケが水車に吸い込まれ
捕獲されているのを見ることができます。
日本のサケの人工ふ化と放流は1876年から始まり、
サケの母川回帰性の回帰率は3~5%だそうです。

今年のサケの大きさは3キロ台が平年並みで
4キロ越えが1割と少なく小ぶりだそうです。

昔の人は、サケには寄生虫などがいると生では食べませんでしたが
冷凍技術と超低温での殺菌技術の発達で生を食べることが
できるようになりました。
今、サケの捕獲量の3割は日本で消費され、日本人はサケ大好きで
いつも食卓の上にあります。
また、外国のすし屋で一番使われている寿司ネタはサケで
外国でもサケ好きが増えています。


サケの資源が枯渇しないように漁業関係者の皆さんが努力し、
我々消費者に美味しいサケを届けてくれています、
皆さんありがとうございます。

2018/10/31

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


みなさま、こんにちは、関野です。
10月9日長崎市の「くんち祭り」を見に行きました。

くんち祭りは長崎の氏神「諏訪神社」の秋祭りで
1634年二人の遊女が諏訪神社前で奉納舞を踊ったことが
始まりとされています。

長崎市には59町あり5~7町ごとに7班に分かれ、
その中の1班がその年の当番で踊り町と呼ばれます。
7年に一度踊り町が回ってきて奉納舞として踊りを奉納するそうです。
2018.10 ブログ長崎くんち①
上写真は出島町の奉納舞で阿蘭陀(オランダ)船です、
狭い道路を回るとき合図を取り合い回します、迫力がありました。

ポルトガル、オランダ、中国など交易のあった国々の
異国趣味が踊りに多く取り入れられた長崎ならではの
奉納舞で迫力があり私たち観光客は拍手喝采で大いに盛り上がりました。
2018.10 ブログ長崎くんち②
上写真は、長崎料理を代表する卓袱(しっぽく)料理の中の
姫卓袱料理と呼ばれる料理です。

三段重のお弁当箱に卓袱料理ならではの角煮、エビのすり身などが入り
卓袱料理を手ごろな価格で味わうことができます。
最後に甘く上品なお汁粉がでました。
これは海外から長崎に贅沢な砂糖がたくさん入ってきたことの証を
受け継いでいるのだそうです。
2018.10 ブログ長崎くんち③
卓袱料理とは長崎発祥の中国料理、西欧料理を混ぜた
日本化した宴会料理で大皿に盛られています。

日本古来の膳ではなく赤の毛氈をかけた円卓を囲んで楽しむ和華蘭料理です。
まず、手前にある吸い物、卓袱ではお鰭(ひれ)と呼び
主催者が「お鰭をどうぞ」と挨拶を行い参加者全員がお鰭を空にした後
乾杯をして宴会が始まります。
長崎の友人はこの手順にこだわり順番通りしてくれました。

日本には全国各地に面白いお祭りがたくさんあります、
その土地のお祭りを楽しみながら食文化も楽しみましょう。

2018/10/19

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


台風一過、秋晴れで少し汗ばむほどのお天気でしたが、
皆さんに食文化学科のオープンキャンパスにお越しいただき
ありがとうございます。

食文化学科では、調理実習「本格的でおしゃれなガレット料理にトライ!」と
食ビジネス系ミニ授業「ゼミ体験!食文化学科の学びにふれてみよう!」を
ご用意し、体験していただきました。
2018.10 調理②
まず、調理実習では、南仏風のガレットを生地からつくっていただき
日本ではあまりみないお食事としてのガレット作りを楽しんでいただきました。
2018.10 調理①
実習の合間には、シェフの教員がフランス料理やフランス文化のお話も…
体験した高校生からは、「どうして粉をとくのに、炭酸水をつかうのか?」など
質問があがったりしていました。
2018.10 ミニ授業
ミニ授業では、食ビジネスの専門の教員が、大学3年生以上で学んでいる
「創造ビジネスを学ぶ」ゼミの様子をご紹介し、
高校生の皆さんにも楽しんでいただけるものを体験していただきました。

次回のオープンキャンパスは、11月11日です。
皆様のお越しをお待ちしております。

2018/10/7

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


ユーハイム神戸工場での講義の合間には、
ユーハイムの美味しいお菓子をたくさん試食させていただき、
お腹いっぱいで学びもお腹も大満足でした

2018.9 ユーハイム④ 2018.9 ユーハイム⑤
以下に、参加した学生からの感想を紹介します。

今までに食品工場の中に入る機会がなかったので、
最初はすごく緊張しました。
工場内に入る前に、まず作業着に着替え、45秒粘着ローラ、
エアシャワー、再び粘着ローラ、説明書に従って手洗い、
乾燥、アルコール消毒をしないと工場内に入ることができないことを
初めて知りました。

工場見学では、異物混入をしっかり予防する一人一人の意識が、
安心安全なお菓子を作るのに大切なことだと学びました。
また、本に載っている衛生管理のチェック項目が必ずしも、
その工場にとって最善とは限らず、
実際、現場で見て決めることが大事だと教えて頂きました。


洋菓子の工場見学は今回、初めてでした。
HACCPワークショップの授業の中で取り組んだことが
実際生かされていて、勉強になりました。
また、安全面だけでなく、日々、生産量が変動するので、
下準備など、時間をいかに有効に活用し、作る量のロスをしないかなども
しっかりと考えられているなと思いました。


今回の見学では普段見られない工場の内部を身近に見ることができて
とてもよかったです。CCP(重要管理点)は、その工場やシステムによって
設定を変えていることや、物事を流れ作業で行うのではなく、
一人一人が責任を持って商品を作っていることを知れて
とても納得できました。HACCPを導入することはとても大変だと思いますが、
このような工場を見学できてとても勉強になりました。


私自身が工場見学初めてで楽しかったです。
(中略)大きいミキサーやお菓子によって違うオーブンなど
普段見られないものも見させていただきました。
見学後の講義の時間でも、大学の授業では触れない部分も教えていただき、
とても有意義な時間を過ごせました。


今回ユーハイムさんの工場見学をさせて頂き、
講義では分からない現場目線でHACCPについて考えるという
貴重な経験ができました。特に、その現場ごとに合わせた臨機応変なHACCPプランの構成が
大切だという事を学びました。また、作る側からの視点で、
大学での実習とは違う大量生産の現場を見ることができたのも勉強になりました。


どの学生さんも、充実した学びの体験を得られたようですね。
食文化学科では所定の講義単位を取得した上で「HACCP・食品安全管理学」や
「HACCPワークショップ」などを受講して認定を受けることによって、
食品安全の分野で近年注目されているHACCP管理者の資格を得ることができます。

今回のユーハイム神戸工場見学の貴重な体験をしっかりと生かして、
食品の安心安全を守る人材に皆さんが育ってくれることを願っています。

2018/10/5

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科


管理栄養学科の守田です。
食文化学科3年生有志の皆さんと、
8月30日にユーハイム神戸工場へ工場見学に行ってきました。

これは、「HACCPワークショップ」(HACCP管理者資格取得に必須の科目)の
受講者の中から参加希望者を募り、
食品工場の現場で取り組まれている衛生管理の実情を知ることを目的とした工場見学です。
2018.9 ユーハイム① 2018.9 ユーハイム②
まずは初めに、(株)ユーハイム・神戸工場長の和氣様、
同品質管理課主任の小野様、そして工場の皆様、日本細菌検査(株)の高橋様に
今回の様な貴重な学びの機会を与えてくださったことに心より厚く御礼申し上げます。


ユーハイムは皆さんご存知の通り、
バウムクーヘンをはじめとした洋菓子の老舗メーカーです。


今回は、ユーハイムの生菓子やバウムクーヘンの製造ラインを
じっくりと見学させていただくことができました。
なんと初めて対外公開された製造ラインとのことで、
大変貴重な経験をさせていただきました!


工場見学後には、小野様より食品衛生管理に関して、
実体験のご紹介や製菓工場での衛生管理ポイントの説明など、
とても内容豊富な講義を頂きました。
2018.9 ユーハイム③
学生たちは学校の講義「食品衛生学」などで
これまでに習っていた知識を総動員、
思い出しながら講義を聞いていましたね♬

実際の製造ラインを見た直後ということでイメージが湧きやすく、
食品衛生管理についての理解が深まったのではないかと思います。

その2へ続く・・・・・・

2018/10/2

カテゴリ :

食文化学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る