学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

管理栄養学科


皆さま、こんにちは。助手の岡崎です。

12/12(水)の初年次セミナーⅡの時間に、現在管理栄養士として働いている方をゲスト

スピーカーにお招きして、表題のテーマでご講演いただきましたぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 講師の辻本様がお勤めの株式会社オリエンタルベーカリーは、関西の業務用パンメーカーで、病院・老人ホームを中心に幼稚園・保育園や、ホテル・カフェなどの外食産業まで幅広くお取引されています。関西国際空港発の90%の便に、オリエンタルベーカリーのパンが積み込まれているそうですdouble exclamation

12.12-1

 

パンメーカーでの管理栄養士の仕事は、商品管理、新商品開発、営業など多岐に渡り、商品管理業務としては製造の品質管理部門と連携して、成分表、アレルゲン表、原材料表の編集・管理や規格書を作成されています。営業としては、顧客への対応の他に新規得意先の開拓もされています。管理栄養士の免許を持っていることで、取引先の栄養士さんの話が理解できる、新規営業の際には肩書きが信頼につながって話を聞いてもらいやすい、などの利点があり、営業につながっているそうですわーい (嬉しい顔)

12.12-2

多岐に渡るお仕事内容ですね指でOK

そして、商品開発では、毎月3~7種類の菓子パンを新商品として発売されています。またアスリートのための補食として、『アスリート応援パン』を開発、販売されています。

 12.12-3

『アスリート応援パン』はアスリートが足りない栄養素を手軽に補えるように栄養素のバランスを考えて作られています。運動前にエネルギーを補給するための『前パン』と、運動後に疲労回復のためのエネルギー補給、壊れた筋肉の修復のためにたんぱく質を強化した『後パン』とがあり、シーンに応じて使い分けることが出来ます。

若手社員にも責任ある仕事をまかせてもらえ、自分で考えた案が実際に商品化されるのが、株式会社オリエンタルベーカリーで働く面白みであると話されていました。実際、

辻本様は入社4年目にして主任に昇進exclamation昇給もされたとのことで、ますますご活躍が期待されるところです。

食品会社で働く管理栄養士さんって、どんな仕事をしているのexclamation and questionと思っていた学生にも、今まで抱いていた仕事のイメージが具体的になったのではないでしょうか。

個人的には、『アスリート応援パン』通販で購入しました!届くのが楽しみです目がハート (顔)

 

お忙しい中素敵な講演をしていただいた株式会社オリエンタルベーカリーの辻本様に、

この場をお借りして御礼申し上げます。

2018/12/14

カテゴリ :

管理栄養学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る