学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

日本文化創造学科


こんにちは。日本文化創造学科のさくらんぼです。
1月20日、「観光フィールドワーク」という授業の実習で、神戸を訪れました。

 

今回私たちが担当として調べたのは、三宮神社です。
写真①

現在の神戸の中心街である「三宮」という地名の由来となった三宮神社は、「生田裔神八社」という生田神社の末社のひとつです。

祭神として、天照大御神の御子である、湍津姫命(たきつひめのみこと)という女神を祀っています。
航海の安全と商工業の繁栄を守る神様だそうです。

 

三宮神社は外国人居留地に隣接しています。居留地を建設する際、神社を動かすことができなかったためです。そのため、神社の前では、慶応4年(明治元年、1868年)に「神戸事件」と呼ばれる外国兵と日本人との衝突がありました。その当時の大砲が境内に置かれていました。
写真②

 

三宮神社は、JR元町駅からも近く、大通りに鎮座しているのでぜひ近くに行った際は立ち寄ってみてください!

2019/2/8

カテゴリ :

日本文化創造学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る