学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

情報メディア学科

情報メディア学科の瀬戸口です。
11月10日(日)に事業連携をしている大阪府中央卸売市場にて開場35周年記念市場まつりが開催されました。
その開会セレモニーにて本学科1年生2名が司会の大役を務めました。
IMGP1294
練習時間もあまり取れない中での司会となりましたが、2人とも初めてとは思えないくらい落ち着いて、
司会の大役を果たしてくれました。
当日は全国的に有名な「くまモン」や地元茨木市の「いばらき童子」、当日初お目見えとなった同市場のキャラクター「せりちゃん」
等、多数のゆるキャラが集まり、大変賑やかな開会セレモニーとなりました。
IMGP1315
5月の35周年記念式典でも本学科1年生2名が司会を務めました。彼女たちに続いて、今回の市場まつりでは別の学生が司会
を果たしました。
まだ入学して半年過ぎたところですが、日々の学びが着実に実を結びつつあると実感しています。

2013/11/11

カテゴリ :

情報メディア学科

看護学科

1月16日(月)にニジェールへ派遣された  JICAボランティア事業青年海外協力隊員  の的場由加里さん  をお招きし、活動報告会  をしていただきました。

今回のセミナーも、国際看護に関心のある看護学部1・2回生が企画したセミナーです。

的場さん  の報告会  では、ニジェールの方の生活や医療、活動報告などをお聞きすることができました 

私達はニジェールという国があるということも、どの様な生活をされているかなども知りませんでした。

ニジェール世界最貧国で、平均余命は56歳と短く、識字率は29%、日本の死因第1位は悪性新生物(がん)ですが、ニジェールではマラリアが第1位でした。

生まれた時から汚染水を使用して生活をしているため、5歳未満の子供下痢症の繰り返しで命を失ってしまうことが多という悲しい現実を知りました 

今回のセミナーで、ニジェールがどのような国なのか、今問題となっていることは何なのか、大学の講義や教科書などでは知ることができないことを、現地に派遣された方からの言葉で現状をお聞きし、沢山のことを学ぶことができました  

この企画を通して、学生同士で協力し合い自分達で視野広げていくことの大切さ、今ある現実と向き合い、感情について自分なりに考え学ぶことができることに気付きました 

的場さんのように、沢山の国を巡り活躍できる、笑顔  の耐えない看護師になりたいです 

皆様も是非講演会など参加してみて下さいね 

JICA報告会

2012/1/19

カテゴリ :

看護学科

こども学科

「月刊MOE」8月号に、こども学科児童文学・絵本コースの学びを紹介する広告記事が掲載されています。D棟4階の学科コミュニティルームに閲覧用を置いてある他、図書館や緑風館の本屋さん、もちろん学外の本屋さんでもお求めいただけますので、ぜひご覧ください。(鵜野祐介)

2011/7/7

カテゴリ :

こども学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る