学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

日本文化創造学科

後期もそろそろまとめの時期に入りました。
「日本語日本文化を伝える」の授業でも
電子書籍や動画ができあがりつつあります。
授業で運営している「梅花Web出版」に
早速、第1作目の投稿がありましたのでお届けします。by市瀬

s20140120

こんにちは、日本文化創造学科のHN「通りすがりの者」です。
前期に引き続き、日本語・日本文化を伝えるBにて
作品を創りましたので、この場を借りて紹介させていただきます。

『モノと日常 ~ある寒い一日~』

なんてことのないありふれた冬の日、とある場所にて。
「何かニュースある?」
『はい、奥様』
ごくごく当たり前に言葉を交わす、女性とテレビ。
≪もしもモノが、言葉を話せたら?≫
これはそんな、IFのお話。

Scene0「テレビ」含め、6編の入った短編集となっております。
ぜひ読んでみてくださいね。

2014/1/19

カテゴリ :

日本文化創造学科

国際英語学科

約4ヶ月のオーストラリア モナシュ大学への留学も終わり、22日帰国しました。
初めはわからないことだらけで戸惑いました。
しかし、さすがEconomist Intelligence Unitが世界の都市の住みやすさを比較したランキングで、3年連続トップに選ばれただけのことはあります。メルボルンは治安も良く、周りの方々の支えのおかげで、楽しく過ごすことができました。

r CIMG0457

学校生活においても多国籍のクラスでの授業はとても刺激的で、語学面だけでなく人としても視野が広がり成長できたと思います。
授業も少人数でわからないところも質問しやすく、みんなで授業をつくっている感じでした。

1278291_159231430944952_82319402_n

どこのビーチもきれいなところばかり!!海水も透き通っていました。

r 海_1_~1

遠足などもあり多国籍の友達との交流もふかめられました!
『世界の中心で愛を叫ぶ』のロケ地ともなったエアーズロックにも行ってきました。空気が澄み渡り、夜空も満天の星空でとても感動しました。

2014/1/15

カテゴリ :

国際英語学科

食文化学科

みなさま、こんにちは。食文化学科の関野です。

今回は「かぶら寿司」の紹介をします。富山出身の夫は久しぶりにお正月富山に帰り、

かぶら寿司を土産に持ち帰りました。

2014.1かぶら寿司① - コピー

名称:こうじ漬け 品名:かぶらずし 原材料:かぶら、ます、こうじ、ご飯、人参、こんぶ、柚、唐辛子、食塩

富山の人たちは自分の庭、畑で野菜を作っています。このためスーパーでの野菜は大阪より高値で

最初はどうして…とビックリしました。元々、人口が少ないのと富山の人は自分の家で野菜を作っている

ので野菜を買う人が少ないからです。今は亡き義両親も冬には畑でかぶら、大根、白菜、人参などを作っていました。

かぶら、人参、白菜はかぶら寿司に使用するためで、ブリの水揚げが最盛期となる

冬の名産寒ブリとかぶら寿司用の麹を、スーパーで買ってきていました。

自分で塩漬けにしたブリの薄切りをかぶらに、はさみ込みます。

それらを細く切った人参、かぶら、柚子、唐辛子や昆布などと一緒に、米麹(糀)で漬け込んで醗酵させ、

かぶら寿司を作りました。

2014.1かぶら寿司② - コピー

残りのアラの部分のブリは畑で作った大根とで「ブリ大根」を作ります。

ブリ大根は、ブリのアラを大根と一緒に醤油、味噌などで煮付けた郷土料理で、

ブリに脂が乗ってくる冬の料理です。2007年、農山漁村の郷土料理百選において富山県の郷土料理

として選定されたそうです。今は、全国で食べられているポピュラーな料理ですネ。

大根の葉は「よごし」に変身します。よごしはダイコンの葉をゆでて細かく切り、ジャコを入れ味噌、醤油などで味つけをし、炒った料理です。

味噌で野菜を「汚す」という行為が料理名の由来とか。

*****

この3つの料理が富山など北陸地方の郷土料理で、私たちがお正月に富山に帰った時のおもてなし料理でも

ありました。かぶら寿司(刺身)⇒ブリ大根⇒よごしとこの3食品はつながっています。 かぶら寿司は乳酸発酵させて作る「なれずし」の一種で北海道から北陸にかけて多くあり、その中で

かぶら寿司は野菜を入れるのが特徴だそうです。

使われる魚は、ブリだけではなく、鯖、ます、にしんなどの地域や家庭があります。

使う野菜は、ニンジン、ショウガ、柚子、キャベツ、大根、きゅうり、タマネギ、サンショウなどで細く切ります。

他のなれずしに比べると漬ける期間が短いために乳酸の香りは穏やかで、味は独特のコクと米の甘味があり

乳酸の酸っぱさも強くないので、初めて食べた人にも好評です。

私も初めて食べた時から大好物になりました。微生物を利用した発酵食品なので、

各家庭・各メーカーで少しずつ味が異なり、これも食べるときの楽しみの一つですネ。

また、微生物利用つながりで日本酒などのアルコールのサカナ(大阪弁であて)に最適だそうです。

大阪の百貨店で売られていて、私も懐かしくて買って食べましたが、富山で食べるのとは・・・。

冬に富山など北陸地方に行かれた時は、どうぞスーパーでお買いください。

スーパー製のかぶら寿司は安くて十分美味です。一度トライしてくださいネ。

2014/1/13

カテゴリ :

食文化学科

国際英語学科

約4ヶ月の留学が終了し、帰国しました~!
たくさんのいい思い出と、かなりの体重を持って帰ってきました!

r image moe1

メルボルンにはたくさんの留学生がいて、留学にはとっておきの場所。
ブラジル人のお友達とBBQしたり

r image_moe1

サウジアラビアのお友だちがホームパーティーを、開いてくれたり!

r image_ moe2

いろいろな国々のお友だちもでき、
日本にいては経験できないことを数えきれないくらい経験できました。

r image_moe3 (1)

帰国するのが寂しかったです!
2月にメルボルンに旅行しようかな?
と考えてるくらい大好きな街です♪

2014/1/7

カテゴリ :

国際英語学科

食文化学科

こんにちは、食文化学科の関野です。

寒天干しの続編をご紹介します。

*****

さて、茅野・諏訪地方は国内寒天の主要産地で、「寒天の里」の看板があちこちにありました。

また、道の駅などでは寒天販売が大きな場所を占めていました。

2014.1寒天干し⑤

*****

2014.1寒天干し⑥

最後に、イヨイヨ本番の寒天干しの光景をJR茅野駅から見に行きました。

茅野・諏訪地方は寒天干しが有名です。

2014.1寒天干し⑦

ご存知のように、寒天の材料は海藻の天草(テングサ)で海の無い信州、

茅野・諏訪地方がなぜ国内寒天の主要産地になったのか、興味がありますね。

*****

これは、関西地方で発明された寒天を信州の行商人小林粂左衛門が、

寒さが厳しく空気の乾いている諏訪地方に伝え、農家の副業として広まったためだそうです。

成功した理由は

①真冬になると八ヶ岳おろしが吹き昼10度、夜0度以下の寒さになり、

かつ乾燥した気候風土が寒天造りに最適だった。

②農民は広い田畑を持ち、米を育て刈り取った後は 寒天を干す田畑に変わった

などです。茅野で寒天造りに成功したのは、自然を利用した先人たちの知恵ですネ。

この寒さと乾燥した気候を利用して高野(凍り)豆腐も有名です。

食品分野以外では、精密機器メーカーもこの風土を利用し、製造工場をたくさんこの地に作っています。

*****

以上で、寒天干しのシリーズは終了です。

2014/1/4

カテゴリ :

食文化学科

食文化学科

みなさま、明けましておめでとうございます。食文化学科の関野です。

今年もよろしくお願いいたします。寒天干しについて、2回シリーズでご紹介します。

*****

年末に長野県茅野市と諏訪郡富士見町に広がる標高1,955mの入笠山に行きました。

入笠山は山頂からさえぎるものがない360度の大展望を楽しめる山で、冬でも雪が比較的少なく、

雪山初心者でも楽しめる、結構お勧めの山です。

大晦日は入笠山の頂上に一番近い宿マナスル山荘に泊まり、年越しそばを頂きました。

2014.1寒天干し②

*****

2014.1寒天干し①

早朝5時半起きで御来光登山をしました。

残念なことに頂上では雲が濃く、初日の出を拝むことができませんでしたが、

下山の途中で樹々の間から日の出を拝むことができました~嬉しかった。

それから標高1,870m、八ヶ岳天狗岳の中腹に位置する、甲斐武将武田信玄の隠し湯と言われている

一軒宿の秘湯唐沢鉱泉で温泉を楽しみ、おせち料理を頂きました。


2014.1寒天干し③

宿は天狗岳を目指す中高年登山者たちで満員でした。

宿も年末年始の宿泊者と一緒に、餅つき大会、ビンゴーゲームなどをしてお客さんへのおもてなしに

大忙しでした。一晩で雪がさらに降り積もり朝起きると樹々まで真っ白で樹氷になっていました。

2014.1寒天干し④

この温泉は1月中旬の連休明けから、3月末まで積雪のため休業するそうです。

*****

第2回には、いよいよタイトルにもある「寒天干し」についてご紹介します。

2014/1/4

カテゴリ :

食文化学科

情報メディア学科

情報メディア学科の瀬戸口です。
11月10日(日)に事業連携をしている大阪府中央卸売市場にて開場35周年記念市場まつりが開催されました。
その開会セレモニーにて本学科1年生2名が司会の大役を務めました。
IMGP1294
練習時間もあまり取れない中での司会となりましたが、2人とも初めてとは思えないくらい落ち着いて、
司会の大役を果たしてくれました。
当日は全国的に有名な「くまモン」や地元茨木市の「いばらき童子」、当日初お目見えとなった同市場のキャラクター「せりちゃん」
等、多数のゆるキャラが集まり、大変賑やかな開会セレモニーとなりました。
IMGP1315
5月の35周年記念式典でも本学科1年生2名が司会を務めました。彼女たちに続いて、今回の市場まつりでは別の学生が司会
を果たしました。
まだ入学して半年過ぎたところですが、日々の学びが着実に実を結びつつあると実感しています。

2013/11/11

カテゴリ :

情報メディア学科

看護学科

1月16日(月)にニジェールへ派遣された  JICAボランティア事業青年海外協力隊員  の的場由加里さん  をお招きし、活動報告会  をしていただきました。

今回のセミナーも、国際看護に関心のある看護学部1・2回生が企画したセミナーです。

的場さん  の報告会  では、ニジェールの方の生活や医療、活動報告などをお聞きすることができました 

私達はニジェールという国があるということも、どの様な生活をされているかなども知りませんでした。

ニジェール世界最貧国で、平均余命は56歳と短く、識字率は29%、日本の死因第1位は悪性新生物(がん)ですが、ニジェールではマラリアが第1位でした。

生まれた時から汚染水を使用して生活をしているため、5歳未満の子供下痢症の繰り返しで命を失ってしまうことが多という悲しい現実を知りました 

今回のセミナーで、ニジェールがどのような国なのか、今問題となっていることは何なのか、大学の講義や教科書などでは知ることができないことを、現地に派遣された方からの言葉で現状をお聞きし、沢山のことを学ぶことができました  

この企画を通して、学生同士で協力し合い自分達で視野広げていくことの大切さ、今ある現実と向き合い、感情について自分なりに考え学ぶことができることに気付きました 

的場さんのように、沢山の国を巡り活躍できる、笑顔  の耐えない看護師になりたいです 

皆様も是非講演会など参加してみて下さいね 

JICA報告会

2012/1/19

カテゴリ :

看護学科

こども学科

「月刊MOE」8月号に、こども学科児童文学・絵本コースの学びを紹介する広告記事が掲載されています。D棟4階の学科コミュニティルームに閲覧用を置いてある他、図書館や緑風館の本屋さん、もちろん学外の本屋さんでもお求めいただけますので、ぜひご覧ください。(鵜野祐介)

2011/7/7

カテゴリ :

こども学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る