学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

日本文化創造学科


こんにちは、学会役員です。

 

12月3日に秋季講演会を開催しました。
講師には日本文化創造学科の卒業生で、現在は藤森太鼓保存会で太鼓をしている今西恵梨さまにお越しいただき、「人生を変えた太鼓との出会い」という題でご講演いただきました。

写真 1

はじめに、今西さまが太鼓と出会い、藤森太鼓保存会に入るまでのことを話してくださいました。

写真 2

その後に藤森祭の奉納演奏の映像を鑑賞しました。映像からでも迫力が伝わり、すばらしかったです。

写真 3

映像の後には実演もしてくださいました。
間近で見る演奏は、映像以上に迫力がありとてもかっこよかったです。生で聴く音は、からだの芯まで響くようで感動しました。

写真 4

さいごには、質問にも答えてくださいました。
太鼓という好きなことと仕事の両立の秘訣などの質問にも真摯に答えてくださり、とてもためになりました。

写真 5

ご公演当日は、たくさんの貴重なお話を聴くことが出来ました。
今西恵梨さま、本当にありがとうございました。

2018/12/17

カテゴリ :

日本文化創造学科

管理栄養学科


皆さま、こんにちは。助手の岡崎です。

12/12(水)の初年次セミナーⅡの時間に、現在管理栄養士として働いている方をゲスト

スピーカーにお招きして、表題のテーマでご講演いただきましたぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 講師の辻本様がお勤めの株式会社オリエンタルベーカリーは、関西の業務用パンメーカーで、病院・老人ホームを中心に幼稚園・保育園や、ホテル・カフェなどの外食産業まで幅広くお取引されています。関西国際空港発の90%の便に、オリエンタルベーカリーのパンが積み込まれているそうですdouble exclamation

12.12-1

 

パンメーカーでの管理栄養士の仕事は、商品管理、新商品開発、営業など多岐に渡り、商品管理業務としては製造の品質管理部門と連携して、成分表、アレルゲン表、原材料表の編集・管理や規格書を作成されています。営業としては、顧客への対応の他に新規得意先の開拓もされています。管理栄養士の免許を持っていることで、取引先の栄養士さんの話が理解できる、新規営業の際には肩書きが信頼につながって話を聞いてもらいやすい、などの利点があり、営業につながっているそうですわーい (嬉しい顔)

12.12-2

多岐に渡るお仕事内容ですね指でOK

そして、商品開発では、毎月3~7種類の菓子パンを新商品として発売されています。またアスリートのための補食として、『アスリート応援パン』を開発、販売されています。

 12.12-3

『アスリート応援パン』はアスリートが足りない栄養素を手軽に補えるように栄養素のバランスを考えて作られています。運動前にエネルギーを補給するための『前パン』と、運動後に疲労回復のためのエネルギー補給、壊れた筋肉の修復のためにたんぱく質を強化した『後パン』とがあり、シーンに応じて使い分けることが出来ます。

若手社員にも責任ある仕事をまかせてもらえ、自分で考えた案が実際に商品化されるのが、株式会社オリエンタルベーカリーで働く面白みであると話されていました。実際、

辻本様は入社4年目にして主任に昇進exclamation昇給もされたとのことで、ますますご活躍が期待されるところです。

食品会社で働く管理栄養士さんって、どんな仕事をしているのexclamation and questionと思っていた学生にも、今まで抱いていた仕事のイメージが具体的になったのではないでしょうか。

個人的には、『アスリート応援パン』通販で購入しました!届くのが楽しみです目がハート (顔)

 

お忙しい中素敵な講演をしていただいた株式会社オリエンタルベーカリーの辻本様に、

この場をお借りして御礼申し上げます。

2018/12/14

カテゴリ :

管理栄養学科

日本文化創造学科


こんにちは、日本文化創造学科の「肉まん」と「からあげ」です!おいしい!!

 

11月4日、フィールドワークの授業で、清水五条駅から清水寺までを歩きました。
今回は、その中から「五条大橋」と「六条河原」について書かせていただきます。

 

「五条大橋」は、牛若丸と弁慶が対峙したエピソードで有名です。
そのため、現在の橋には、両者の石像があります(o´・ェ・`o)…とはいえ、これには、注意が必要なのです!

写真①

というのは、昔の五条大橋は、現在の松原橋がかかっている場所にあったのですが、豊臣秀吉の時代に現在の場所につけ替えられたからです。
牛若丸と弁慶の像は、エピソードとは関係の無い場所に立っているんですね。

写真②

 

こちらが、現在の松原橋です。もともと五条大橋がかかっていた場所です。

 

次に「六条河原」ですが、ここでは多くの人々が処刑されています。
特に有名なのは、関ヶ原の戦いで敗れた石田三成や小西行長、安国寺恵瓊の三名が処刑されています。

写真③

 

とはいえ、かつて六条河原だった場所は、現在はランニングをしている方がおられるような、平和な普通の河原でした。過去の様子を想像しながら歩いてみると拍子抜けした気分になりました…

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございましたヾ(*・∀・)/

2018/12/13

カテゴリ :

日本文化創造学科

食文化学科


こんにちは、関野です。
明治150年めぐりの続編です。
*****

2)明治創業の東京老舗グルメめぐり
①小田原 鈴廣かまぼこ博物館
2018.11明治ブログ⑪⑫
鈴廣は1865(慶応元年)年創業、小田原宿・箱根温泉の客に賞味され
参勤交代の武士などの食膳に上がっていました。
富士、丹沢山系からの伏流水と相模湾の豊かな魚が小田原のかまぼこを有名にしました。
鈴廣の前の道路は箱根駅伝で利用され、毎年選手たちが走っています。

②日本橋 やぶ久
2018.11明治ブログ⑬⑭
やぶ久は1902(明治35)年日本橋で創業したそば屋。
そばつゆは本かつお節を使った濃い目のつゆが伝統の味で関西とは違い濃い色です。
やぶ久は4代百有余年江戸前の伝統を守りながら創意工夫の精神を忘れることなく
そばを皆様に楽しんでいただいています(パンフレットより)。

③日比谷公園 松本楼 
2018.11明治ブログ⑮⑯
1903(明治36)年日本ではじめての洋式公園日比谷公園が誕生しました。
日比谷松本楼は銀座で食堂を経営していた小坂梅吉が東京市から落札しオープンしました。
日本に亡命していた孫文、インド独立活動家ボース、
夏目漱石、高村光太郎、松本清張なども客で彼らの作品に松本楼が登場しています。

④浅草 今半本店
2018.11明治ブログ⑰⑱
1895(明治28)年創業のすき焼き専門店今半は浅草新仲見世通りにあります。
永井荷風も今半を愛ししばしば訪れ作品にも登場しています。
関東は明治期の牛鍋を祖とし、牛脂ではなく油を薄くひき牛肉を焼き割り下を入れます。
私たちのすき焼きは牛脂をひき、肉を焼きながら砂糖、しょうゆをかけ割り下を使いません。
どちらも美味しいすき焼きでした。
2018.11明治ブログ⑲
一時衰退していた浅草がスカイツリー開業以来にぎわいをみせているそうです。

⑤鳥茶屋 
2018.11明治ブログ⑳㉑
大正時代には花街として栄えた神楽坂に鳥茶屋があります。
うどんすきが有名だそうですが平日のランチのみ親子丼(上右写真の左)があり、
2018.11明治ブログ㉒
11枚つづりの回数券があるほど人気です。
第1回全国丼グランプリ親子丼部門で金賞を取りました。

明治維新から150年、各旧邸宅で資料などが公開展示され
観光客の皆さんは興味津々で見ていました。
東京をバスでぐるりと巡る時間の旅で日本史を大いに楽しみました。

2018/12/6

カテゴリ :

食文化学科

管理栄養学科


皆さんこんにちは。助手の岡崎です。

産学連携レシピ開発のPRで、12月1日(土)に松坂屋高槻店へ学生2名と行ってきましたわーい (嬉しい顔)

 

『長崎・熊本うまかもんフェア』が行われている期間ということで、試食提供させていただいたメニューは長崎県産の鰤を使った「ぶりのユッケ」指でOK

12.01①ぶりのユッケです☆

 

12.01②ご来場いただいたお客様、ありがとうございますハートたち (複数ハート)

 

生食用の鰤に韓国風のタレを絡めました。

「タレは売ってないの?」とおっしゃっていただいたお客様も多く、とても好評でしたdouble exclamation

 

12.01③明るく元気に接客中ムード

 

最後になりましたが、お世話になりました松坂屋高槻店様、株式会社魚くみ様、

大阪府中央卸売市場の関係者の皆様に、厚く御礼申し上げます。

2018/12/4

カテゴリ :

管理栄養学科

こども学科


2018年11月10日(土)に第2回こどもフェスタが行われました!!
晴天にも恵まれ、沢山の方が来場をして頂きました。
参加して下さった皆様ありがとうございました。

DSC08099DSC08055

今回は、「ふくわらい」・「もぐらたたき」・「顔パネル」・「ボールプール宝探し」・「迷路」・「まとあて」・「制作」・「フリースペース」をしました!!

DSC08061ふくわらい

DSC08064

もぐらたたき

DSC08166

顔パネル

DSC08116

ボールプール宝探し

P1050317迷路

P1050206まとあて

P1050351まとあて

P1050328制作

DSC08120フリースペース

14時40分~は、バルンアートショーもしました!!
ショーが始まる前に、学生委員のスタッフが手遊びをしてくれました!!

P1050370P1050368

手遊びも終わりいよいよショーが始まります!!
今回の出演は、ももさん・かおりちゃん・みなみちゃん ピアノ:なつきちゃんで行いました!!上手く出来るかドキドキでした!!

DSC08142P1050387P1050394

始まると、こどもや大人の方の食いつきが凄くてとても楽しく出来ました!!
最後は全員で風船を使ってお花の帽子を作りました!
とても可愛く出来てました!!

DSC08158DSC08160

来年も第3回こどもフェスタを開催する予定です!!
是非ご来場お待ちしています。

S

2018/11/30

カテゴリ :

こども学科

食文化学科


みなさま、こんにちは、関野です。
今年は明治維新から150年、各地で催しがいろいろあります。
明治の偉人邸めぐりと明治創業の東京老舗グルメに行きました。

1)偉人邸めぐり
①旧吉田邸
2018.11明治ブログ①②
大磯にある旧吉田邸は戦後1946年内閣総理大臣を務めた吉田茂(1878-1967)の
別荘で晩年はこの地で過ごしました。
彼は1951年のサンフランシスコ講和条約に署名し、
日本の戦後経済復興を推し進めました。

引退後もこの邸宅に政治家が出入りし、
「吉田元老」などと呼ばれ政界への影響力を持ち続けた人物です。
旧邸宅は近代数奇屋建築で吉田五十六が設計。
平成21年本宅が火災で焼失しましたが
その7割が再建され昨年出来上がり公開されています。

②武相荘(ぶあいそう)
2018.11明治ブログ③④
武相荘は昭和の実業家白州次郎の旧宅で昔懐かしい茅葺屋根の家、
ここ町田市が武蔵と相模の境の地と無愛想をかけて名付けた(パンフレットから)。
彼は芦屋の裕福な家の出身でイギリスに長年滞在し英語が流暢。
そこを見込まれ連合国軍占領下の日本で吉田茂の側近として活躍し、
1951年のサンフランシスコ講和会議に随行しました。

③旧岩崎邸
2018.11明治ブログ⑤⑥
1896(明治29)年岩崎彌太郎の長男三菱第3代社長の久彌の本宅。
三井、住友と共に戦前の日本三大財閥の一つ。
三菱財閥の創業者岩崎彌太郎は
土佐の貧しい家に生まれながら、その才覚と努力で三菱を創設。 
三井、住友は300年以上の歴史を持つ御用商人ですが三菱は彌太郎一代で築きました。

小野義眞(日本鉄道副社長)、岩崎彌太郎(三菱社社長)、井上勝(鉄道庁長官)の3人で
岩手県の不毛の原野を数十年の時間を要して農場を作り、
彼らの頭文字を取り1891年小岩井農場ができあがりました。

④渋沢資料館
2018.11明治ブログ⑦⑧
渋沢栄一(1840~1931年)が住んでいた旧渋沢邸に栄一の活動を広く紹介する資料館。
栄一は埼玉県の豪農出身で第一国立銀行など500社ほどの株式会社、銀行の
設立経営に尽力し近代日本の経済社会の基礎を作り「日本資本主義の父」と
呼ばれた明治・大正の実業家。

⑤鳩山邸(鳩山会館)
2018.11明治ブログ⑨⑩
衆議院議長鳩山和夫(1856-1911)は1891(明治24)年にここ文京区音羽に居を構え
長男一郎(1883-1959)により美しい洋館が完成したのが1924年。
一郎は内閣総理大臣を務め、息子威一郎(1918-1993)は外務大臣、
孫由紀夫(1947-)は内閣総理大臣を務め鳩山家四代は日本の近代政治に
偉大な貢献をしてきたと紹介されています。
私たち世代には一番身近な政治家たちです。
*****
つづく

2018/11/29

カテゴリ :

食文化学科

日本文化創造学科


こんにちは。日本文化創造学会です。

先日から連載しているの「瀬戸内海よくばりツアー」の続きです。

 

2日目は、台風の影響で急遽予定を変更し、安全を考慮してすぐ帰宅…と少し慌ただしくなってしまいました。

ですが、それでも、うずしお観潮船に乗り、栗林公園で景観を楽しみ金比羅山参拝とお土産に写真、グルメ等々充実した旅になったと思います~!

写真1

集合写真も青空の下で撮れました(◍ ´꒳` ◍)b ばっちり!

笑顔の写真もたくさんです!
写真2
写真3

唯一つ心残りがあるとすれば…2日目のさぬきうどん食べ比べが出来なかったことでしょうか( ノω-、)
けれどホテルの夕食でさぬきうどん(めっちゃ美味しかった)を食べたのでヨシとします!(笑)

 

以上でレポートは終了になります。
大変でしたが、とても楽しい旅でした!(o≧∀≦o)ノ゙

 

来年の旅行はどこになるんでしょうね~今からワクワクです…!
願わくば台風が重なりませんように!!(笑)

 

 

【日本文化創造学会・瀬戸内海よくばりツアー③】金刀比羅宮

2018/11/28

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは。日本文化創造学会の西林です。

先日から連載しているの「瀬戸内海よくばりツアー」の続きです。
私は、夕方に参拝した「金毘羅宮」についてお話します。

 

本来は、2日目の午前中に参拝する予定だったのですが、台風が迫っており中止になる可能性が高かったので、1日目の夕方に参拝することになりました。
そのため、全員参加ではなく自由参加となりました。
金毘羅宮の御本堂に行くには、785段の長い石段の参道を登らなければなりませんでした。

写真①

 

ここが階段のスタート!
途中でお土産屋さんもあったのですが、5時過ぎ頃だったので閉まってるところが多かったです( ̄▽ ̄;)
所々で「ここで何段!」と書かれてあって、勇気が出るような、心が折れるような……。

写真②

写真③

 

やっとお店を抜けてそれっぽくなってきました。
でも階段はまだまだあります。
ここらへんでちらほらとバテてる方が見られました。

写真④

 

小休憩ε-(´∀`*)

 

途中で平坦な道もありましたが、ひたすら階段を登り続けました。
手水舎があって、もう終わりかと思ったらまだ階段があったり。
ただ、その分最後の階段のところにあった「あと133段!」という文字が嬉しかったです。
嬉しくて写真を撮りそこねましたが……。

 

写真⑥

 

到着!!
そして景色がきれい!!!
登り切った皆さんには、疲れの表情とともに達成感も見られました。

 

実は、6時でお堂が閉まってしまうという事で、全体的に急ぎ足で登っていました。
ですが、少し遅れたりはあったものの全員が6時までに何とか登り切る事が出来ましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

写真⑦

参拝をしたり、お守りを買ったりして休憩をしたら、今度は下山です!
下りてしまえば、後はご飯を食べてお風呂に入って寝るだけ!

 

皆さん、お疲れ様でした!!

 

 

【日本文化創造学会・瀬戸内海よくばりツアー②】栗林公園

2018/11/20

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは。学会役員です。

さて、前回に引き続き「瀬戸内海よくばりツアー」のブログです。

 

一日目の午後は、香川県に移動し、栗林公園を見学しました。

写真1

写真は、全員で一番の絶景ポイントとされる飛来峰の近くで、偃月橋をバックに撮影したものです。

 

栗林公園は日本最大級の旧大名庭園です。
庭園内には多くの松が植わっていて、素晴らしい景観でした。とても広いので、全てを見て回ることは出来ませんでしたが、少し歩いただけでも十分に楽しむことができました。
お昼という暑い時間帯でしたが、緑も多く、松の木のおかげでたくさん影が出来ていたので暑さも和らぎました。

写真2

写真3

ちなみに、私は「花園亭」というお店で、おいりがトッピングされた「嫁入りソフトクリーム」を食べました。
見た目もとても可愛くて、ほんのり甘いおいりがとても美味しかったです。

 

次回に続きます!お楽しみに!

 

【日本文化創造学会・瀬戸内海よくばりツアー①】鳴門の渦潮

2018/11/14

カテゴリ :

日本文化創造学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る