学科のブロガーたちが、最新情報をお届け! 梅花学科ブログ

日本文化創造学科


日本文化創造学会で、昨年12月に講演をしていただいた
卒業生の今西さんから、節分祭の藤森太鼓奉納の案内が届きました。

 【節分祭】
 2月3日(日)
・18時より、藤森太鼓奉納
 曲:藤まつり 屋台囃子 藤森 紫陽花 族 宵宮
・18時30分より、雅楽・舞楽奉納
・20時より、追儺式 (鬼の登場、豆まき)
(終日、甘酒の無料接待があります)

2016

(2016年 節分祭)

今回は14人による演奏になるそうです。

107

藤森神社は京阪墨染駅下車徒歩7分、JR藤森駅下車徒歩5分です。
寒さ対策をしてぜひお出かけください。

 

2019/1/29

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは。
日本文化創造学科のカマボコです。

 

先日、観光フィールドワークの実習にて、清水坂を訪れ、鳥辺野(鳥部野とも)を歩きました。
写真①

鳥辺野はタイトルにもあるように、京都三大葬地のひとつとされています。
写真でお察しの通り、墓地です。
平安京が開都されてから葬送地として利用されており、清少納言が仕えた一条天皇の皇后定子のような貴人から庶民まで、多くの人が葬られてきました。
写真②

江戸中期まで、庶民の墓には墓石を置く習慣がなく、せいぜい卒塔婆程度であったようで、古代末期から近世初期の鳥辺野の景観は殺風景なものだったそうです。
どれほど当時の鳥辺野が殺風景なものだったかは、広大なこの地に一度足を運んで体感していただければと思います。

 

【日本文化創造学科フィールドワーク・清水坂⑩】清水焼

2019/1/29

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは!日本文化創造学科のもみあげです☆

 

今回は日本文化創造学科「観光フィールドワークの学外実習」についての報告です。
先日、「京都清水坂の光と影-清水寺と鳥辺野-」と題して、京都の清水五条周辺の地域を訪れました!この日は休日だったので京都はいつにも増して人が多くにぎやかでした。

その中で、私たちは清水坂にある清水焼を販売している店舗をみてきました。この写真のようにたくさんの焼き物があり、かわいい物から龍のようなカッコいい物まで様々でした。
写真1

 

清水焼は、「京焼」の中に含まれる陶磁器のひとつで、色釉が厚く盛り上げられて、草花文様や自然の風物のデザインが多く、お茶わんや湯飲みなど日常的に使われています。

 

【日本文化創造学科フィールドワーク・清水坂⑨】地主神社

2019/1/29

カテゴリ :

日本文化創造学科

食文化学科


こんにちは、関野です。
冬休みを利用してニュージーランド(NZ)に行ってきた第2弾です。
*****

2)NZの自然
NZは鳥の国だそうです。
2019.1 NZ⑧
NZの固有種キーウイは国鳥で、
公園の飼育場で保護されている1羽を見ました。
森林、藪地で生育し、夜行性で昆虫の幼虫、ミミズ、果実などが好物。

写真は剥製で横の卵は親の体のわりに大きい、
これは祖先が大型の鳥で体だけが小型化したためと考えられています。
NZにはコウモリしか哺乳類はいませんでした、
そのため鳥の翼が退化。

先住民マオリ族がNZに来て大型鳥モアを食べつくし、
イギリスから来た人々は穴ウサギを持ち込み、
繁殖力が強く困った政府は穴ウサギを食べるイタチを導入しました。

イタチはウサギも食べますがそれより簡単な飛べない鳥を食べ絶滅の危機に追い込みました。
奄美大島のアマミクロウサギの話になぜか似ています。
今は森などに、ドブネズミ、オコジョ、穴ウサギ、イタチなどの駆除用の道具が置いてあり、
かなり効果を上げているそうです。
政府は2050年までにこれらがNZから姿を消すことを期待していますが難しそうです。
2019.1 NZ⑨
高さ60mのレッドウッド、アカマツの並木道を歩きました。
たくさんの種類のシダ類も一緒に生えています。
NZ航空の機体の模様、
否決されましたがNZの新しい国旗の模様にも採用されていました。
2019.1 NZ⑩
シダの渦巻き状の新芽は新しい生命の息吹とシダの形に変わることから、
力強いものの意味でアクセサリー、飾り物、
上写真の自転車止めのオブジェにもなっています。
可愛いでしょう。
2019.1 NZ⑪
フッカー谷から見たクック山ですがこの日は雨上がりで
クック山のすそ野しか見ることができません。

南島に位置するNZ最高峰の山で富士山と同じぐらいの標高3,764m。
正式名は「アラオキ/マウントクック」でアラオキはマオリ語で雲の峰の意味。
クックはNZを探索したイギリス人ジェームズ・クックから。

標高は低いが登頂難易度は非常に高く、
頂を目指すがその大半はできずに下山しているそうです。
標高2000メートル以上は氷河帯入り、
天候が変わりやすく整備された登山道が1本もないそうです。
2019.1 NZ⑫
南島のテカポ湖でミルキーブルーと呼ばれる湖の色。
写真の前に咲く青色の花はルピナス、昇り藤とも呼ばれている花。

NZのパンフレットにはいつもこの花が掲載されているので
NZを代表する花と思っていましたがイギリス人が庭に持ち込んだ外来種で
繁殖力が強く嫌われている花でした。

増えすぎたルピナスを毎年多額の税金で駆除しているそうですが、
植物の駆除は周りの環境を考えながらする必要がありかなり難しい。
2019.1 NZ⑬
マウンテンディジーが咲いていました。
NZの固有種の花は地味な花で白色と黄色が多い。
これは花粉を運ぶのが蝶ではなく夜行性の蛾で、
夜は白色と黄色が目立つため。
それと、花が進化していないからだそうです。
NZの蝶は26種類で蛾は1800種類もいるそうです。
2019.1 NZ⑭
世界自然遺産ミルフォードサウンドを歩きました。
珍しい苔が一杯生えている原生林の深い森と氷河が作った美しい入り江を楽しみました。
ここはフィヨルドで氷河による浸食作用で作られた複雑な地形の入り江、
サウンドは英語で川の氾濫によってできた地形を意味します。

発見時の人々の地理や言葉の知識が不足していたためサウンドと間違って名付けられた。
本当はミルフォードフィヨルドと命名する必要がありましたが、
慣れ親しんだ名前のために、変更はありません。
ニュージーランドオットセイが岩肌でゆっくり休んでいました。

自然が一杯なNZですが人間が入植したためそれまで生きていた動物が絶滅の危機に瀕し、
また気候変動が押し寄せ課題で一杯な国です。
国民と政府がいろいろ知恵を出し合ってこれ以上の被害から国を守っています。
日本も他人ごとではありません、我々も頑張りましょう。

2019/1/24

カテゴリ :

食文化学科

日本文化創造学科


写真①
みなさん、こんにちは!。・∀・)ノ゛
日本文化創造学科三年生の春名と由井です!

 

先日、私たちは観光フィールドワークの演習で京都を旅してきました。
私たちが調査を担当した場所は、『地主神社』です。

清水寺の境内奥にある地主神社は、もとは清水寺の地主神としてまつられていました。ところが、明治時代の神仏分離令以後、「大国主命(オオクニヌシノミコト)」をまつるようになり、現在では、『古事記』で有名な白兎と大国主命の神話から、縁結びの神社として恋愛成就を祈る参拝客でにぎわっています。

写真②
写真③

階段を登るとさっそく大国主命と白兎の石像が出迎えてくれました♪

 

そして、本殿前には恋占いの石というものが設置されています。
写真⑤

実は、この恋占いの石は、片方の石から反対側の石に目を閉じて歩き、無事たどりつくことができると恋の願いがかなうと伝わる“願掛け”の石だということで有名です。(先生によると、江戸時代までは、目を閉じて歩くと決してたどりつかない石として知られていたそうです)。
今では、一度でたどりつければ恋の成就も早く、二度三度となると恋の成就も遅れ、また人にアドバイスを受けた時には人の助けを借りて恋が成就するという言い伝えがあるそうで…。
わたしたちも興味があったのですが…人がいっぱいでチャレンジできませんでした。次こそは挑戦できますように!

 

敷地内には大きくてかわいい白兎のぬいぐるみも展示されていました!わたしたちもうさぎさんと一緒に写真を撮りました!

 

もちろん縁結びの神社なだけあって、恋みくじもありますよ!
恋愛運が上がることを祈りながら、わたしたちもおみくじを引きました…結果はヒミツにしておきます!笑笑

 

地主神社の本殿・拝殿・総門は、重要文化財に指定されています。
古来から春には桜の名所として賑わったことでも知られています。
そんな魅力溢れる地主神社に、みなさんも是非お参りにきてみてくださいね!

 

【日本文化創造学科フィールドワーク・清水坂⑧】清水寺(建物編)

2019/1/22

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは!
日本文化創造学科2回生の、さくらんぼとりんごです。
「観光フィールドワーク」の授業で、京都清水寺周辺に行ってきました。

 

私たちは清水寺の建物について調べてきました。以下、簡単に本堂について説明します。

IMG_0733

清水寺は何度も火事にあい、再建されてきました。
現在の本堂は徳川家光の寄進により1633年に再建されたものです。
本堂の構造は寄棟造で、屋根は檜皮葺です。清水の舞台は、本堂の付属建築物で、崖縁に長い柱を立て内側から張り出す床を支えています。
2017年2月から行われている工事は屋根の檜皮替えで、約50年ぶりだそうです。
工事中でも参拝できるので、京都に行く際ぜひご覧ください。

 

【日本文化創造学科フィールドワーク・清水坂⑦】清水寺の歴史

2019/1/21

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは!日本文化創造学科の加藤と田中です。
先日、観光フィールドワークで京都の清水坂に行ってきました。
私たちは清水寺の歴史について調べたので、その歴史と実際に行ってみた感想などを簡単に書かせていただきます!

IMG_0710

 

清水寺は、京都市東山区清水一丁目にあり、現在は法相宗の寺院です。
坂上田村麻呂と妻の三善高子によって堂舎が建てられたとされます。

 

実は、清水寺は10度を超える大火災にあっています。
それは法相宗と天台宗の宗派の違いから、隣接する天台宗末の祇園社や清閑寺との間で境をめぐって争いが起こっていたからです。
しかし、火災で焼失する度に、清水寺は篤い信仰によって何度も再建されてきました。

 

清水寺の外見ですが、2008年から2019年まで改修工事が行われているため、本来の姿を見ることはできませんでした。
とはいえ、それ以上に、「改修工事中の清水寺」という光景を見ることができるのはとても貴重で珍しいことなので、皆さんもこの機会にぜひ行ってみてください!

 

IMG_0716

(写真は、本堂内部から撮影した工事の状況)

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!!
以上、加藤と田中でした~♪

 

【日本文化創造学科フィールドワーク・清水坂⑥】六道珍皇寺と小野篁

2019/1/21

カテゴリ :

日本文化創造学科

日本文化創造学科


こんにちは!日本文化創造学科の岡崎、高畠です。

先日、観光フィールドワークで清水坂を散策しました。
今回、私達が調査を担当したのは「六道珍皇寺」です。
【写真①】
【写真②】

 

六道珍皇寺はかつて、この世とあの世の境界とされていました。
「六道」とは地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上界の六つの世界のことを指しており、仏教では人間は死後この六道を輪廻転生すると考えられています。

特に六道珍皇寺と関わりが深かったのが小野篁という人物です。
彼は嵯峨天皇に仕えていた平安時代初期の官僚でしたが、夜間は閻魔庁に勤めていたという伝説があり、閻魔王宮の役人とも言われていました。

 

六道珍皇寺の本堂裏にある庭内には、小野篁がこの世とあの世と行き来するために使用したという井戸が残されています。普段は非公開なのですが、フィールドワークの当日はちょうど特別公開日にあたったので、中をじっくり見学することができ、冥土通いの井戸・黄泉がえりの井戸をみることができました!(写真はInstagramを参照)

 

また、毎年8月7~10日には「六道まいり」が行われ、盆に帰ってくる精霊をこの世に迎え入れるとされる鐘「迎え鐘」を撞こうと多くの人が訪れます。

 

とても緊張感のあるお寺でした。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました^^

 

【日本文化創造学科フィールドワーク・清水坂⑤】六波羅探題跡を見て

2019/1/17

カテゴリ :

日本文化創造学科

食文化学科


こんにちは、関野です。
冬休みを利用してニュージーランド(NZ)に行ってきました。
NZの面積は日本の72%、人口は450万人程で、
NZ人は自分をキーウイと言うそうです。

1)NZの食文化
2019.1 NZ①
人口の7倍以上の羊がいます、
羊のシッポは生後すぐにゴム輪で縛り取ります。
これはシッポが糞で汚れるため感染症予防対策です。

山羊は寒さに弱く小屋が必要ですが、
羊は寒さに強いので夜を過ごす小屋を持っていません、
一日中放牧です。
ラム肉は生後12か月未満の羊の肉で羊特有の臭いもなく柔らかいので食べやすい。
NZの羊は人工飼料をエサとせず、放牧で育っているので農薬がなく安全です。
2019.1 NZ②
NZのシーフードの代表はマッスルで、これはムール貝の1種。
白ワインで蒸し唐辛子で味付けされ皆さんたくさん食べていました。
2019.1 NZ③
右の鍋はベニソンの煮込み料理。
ベニソンはシカ肉の事で高たんぱく低脂肪の健康食品、
メスの肉が柔らかく、2歳ごろのベニソンが一番おいしいらしい。
鹿牧場もあちこちにありました。

左がさつま芋の素揚げで軽く塩が振られクマラフライと言い
先住民マオリ語でクマラはさつま芋。
自然の甘さが口中に広がりイモ好きにはやめられない止まらない料理です。
写真は一人分でNZ人の食事量はかなり多いです。
2019.1 NZ④
パブロアはNZ発のスイーツでメレンゲを型に入れ焼き、
クリーム、アイスで飾ります。
サックとした食感が癖になりそうでした。
NZのスイーツは“どこまでも甘く”がポリシーだそうで甘かったです。
2019.1 NZ⑤
鮭は日本ではアトランティックサーモンを食べていますが、
NZはキングサーモンが養殖され食べられています。

キングサーモン養殖は氷河の冷たい水が最適で、
天然サーモンに近い状態で育てて美味しいサーモンができるそうです。
サーモン丼のサーモンは脂がのってトロのようでした、
この日本料理屋はNZ人で大盛況でした。
2019.1 NZ⑥
また、果樹栽培も盛んでブドウ農園でワインがたくさん作られています。
2019.1 NZ⑦

キウイフルーツ、桃、リンゴ、オレンジが最盛期。
*****
つづく

2019/1/17

カテゴリ :

食文化学科

情報メディア学科


図1

 

吉本1

みなさん、こんにちは!

情報メディア学科4年 井原です。

2018年12月5日に「上方お笑い文化講演会」を梅花女子大学F棟で行いました。

 講師として年末の風物詩にもなっているM-1グランプリ設立のキーパーソンであり,

現吉本興業株式会社取締役・株式会社よしもとデベロップメンツ代表取締役社長の

谷良一先生にお越しいただきました。

M-1グランプリの設立秘話はもちろんですが、

歴代のM−1グランプリの映像なども見せて頂き、とても楽しい時間を過ごしました。

 講演を観に来ていた80名以上の方々は、M-1グランプリについて

また、吉本興業について興味を持ったのではないかと思います。

実際、私もその中の一人です、笑。

 これからも吉本興業、谷先生の益々のご発展、ご活躍をお祈りしつつ、

2019年のご講演もお待ちしています。ありがとうございました。

 また、今年のM-1グランプリも楽しみに。

よしもと2

 

学生の皆さま!!! 一年頑張りましょう!!!!

情報メディア4年井原伽奈子

2019/1/15

カテゴリ :

情報メディア学科

ページトップへ戻る ページトップへ戻る