チャレンジ&エレガンス 梅花女子大学

学科ブログ

映画作り

  • 田渕岩夫さんと徳丸プロデューサーと私

  • 大村崑さん90歳

  • 製作した甲冑を着てもらう堀田眞三さん

情報メディア学科の山口です。

ゼミでは動画づくりを主に指導していますが
今年は堺市でモンスターハンターの太刀再現の後、
すぐに映画製作に取り掛かっていました。
信長に先駆けて天下統一を果たした三好長慶、そして松永弾正にまつわるお話です。

実は20年も前からこの話は一人で書いてはいたのですがなかなかこれが....
映画は脚本が肝です。私一人で書いた本に大金をかけて実写化してよいものか頭を抱えていました。
頭の中では最高傑作でも、実際に俳優に演じてもらうと....そうでもないんです。
このままでは駄作に終わってしまう....。

そこで芸大時代からの同級生たちを頼り、
シナリオ監修にドラゴンボールゼノバース、ガンダムブレイカーバトローグの脚本を手掛けた真弓創
脚本協力にはブースカプラスの山科清春に協力を依頼し、
とても素敵な脚本が仕上がりました。

そしてまた仲間を頼り、情メ学生のCM作品で悪役俳優として出演してもらったりもする徳丸新作プロデューサーから名優を紹介いただき、大村崑さん、田渕岩夫さん、堀田眞三さんに出演を快諾いただけました。田渕さんは京都テレビの田淵岩夫の特ダネテレビ以来15年ぶりに再会いたしました。

ロケ地は奈良~堺市にかけて。
奈良県庁にも協力をいただき、堺市からは文化事業と認めていただき後援もいただきました。

そんないただき尽くしの中、鉄鍛冶場のシーンでは我らが堺市を代表する刀匠で
同級生の水野淳が本物の鉄鍛冶場で秘刀の製作者を演じてくれることになりました。ちなみにこの鉄鍛冶場は「映画 るろうに剣心 最終章」のロケ地にも使われたので観たことのある方も多いでしょう。

同級生が自分を軽々と超えていく姿に若干嫉妬も感じつつ....
一着また一着と前回の撮影で役者らが派手に破った衣装の縫物に励みつつ....
仲間のありがたみを日々噛み締めています。
この映画、ここまで仲間たちの協力を得て面白くならないわけがない。

映画のタイトルは「SAKAI 約束の地へ」(仮)

主な撮影期間は2023年の2月です。
人と人とのつながりって大事だなと感謝しつつ
今日も面白い授業を心掛けてがんばります。